場所取りは戦い!?(幼稚園編)

運動会の場所取り、良い場所を取ろうとすれば頑張らなくてはなりません。
私はお弁当作りとまだ幼かった子どもたちのお世話でいっぱいいっぱい。
場所取りは旦那にお願いしました。

支度が終わって行ってみるとこんなことに…どうやら戦いに負けたようだ…!

これは幼稚園の運動会。
園庭が狭いし、おじいちゃんおばあちゃんの応援も多いので、場所取り合戦は自然とエキサイティング!

この出来事から学んだことは、「場所取りは気の強いほうが担当する」ということ!

といってもお弁当作りもあるので、結果 内も外もハードでした。

ビデオ撮影の適性(小学校編)

場所取り、小学校は敷地が広いのでバトる必要なし(前列さえ狙わなければ)。
なのでビデオや写真撮影にスポットを当ててみたいと思います。
ビデオも写真も撮影は仕上がりに個人差が出ますね。

運動会終わって家で上映会をしてみたら~…

運動会はBGMや放送が賑やかなので、小声のおしゃべりくらい入らないかと思ったら、近くの音ってしっかり拾うんですね。(普段の参観とかは静かに見てますのでご安心を。)
ママ友の家庭でもきっと同じ気持ちでビデオ見たことでしょう。

ということで翌年の撮影は旦那です

異常に腰が重いんだった…大仏か!ってツッコミも効果なし。
なので~…

はい、夫婦してビデオ撮影に向いていなかった~~~!
さらに動画撮っても編集もしないし、後日見返すこともほぼ無いので、それ以降は写真だけで勝負する数年間となりました。

(あ、ちなみに最近はケータイのカメラが良いので動画も撮ってます。)

PTA競技(小学校編)

我が子の通う小学校のPTA競技は毎年「綱引き」です。

当日の朝役員さんがランダムに軍手を配るので、受け取ったら出場しなければなりません。
つまり役員さんと顔見知りだと高確率でPTA競技参加となります。
とはいってもやはり気合入ったお父さん方の参加が多いです。
妻が受け取った軍手が夫にわたるパターンが多いようですが、我が家は暗黙の了解で私が出ます。

ちょっとやだ…誰コレ………私か。

不思議ですね、あのピストルの音ってアドレナリン一気に放出させるんでしょうか。
結局翌日筋肉痛になるほど頑張っちゃいました。

でもきっと子どもらもママが頑張ってる姿、喜んでくれたはず…。

後で子どもに「ママ綱引き出たの見た?」と聞いたら「…見た。きもかった。」と言われたことはここだけの秘密。





子どもの運動会は主役はもちろん子どもたち。その勇姿に感動!
ご指導いただく先生方にも感謝感謝です。

が実は保護者も結構頑張ってますよね。

頑張りすぎてケガだけはしないように気をつけながらまた来年もがんばりたいと思います!

この記事を書いたユーザー

じゃがいもころりん このユーザーの他の記事を見る

あけっぴろげなSSサイズの4児の母です!
アメブロで個性的な子どもたちとの愉快な日常を主に描いています《http://ameblo.jp/jyagaimokororin/
最近の口癖は「この服太ってみえる」です。
どうぞよろしく♪

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス