記事提供:gori.me

JR東日本が公開した「Apple PayでのSuicaご利用ガイド(PDF)」によると、Suica機能付きクレジットカードは「Apple Pay」に対応せず、登録することができないと書かれている。

例えそれが「ビュー・スイカ」カードでも、Suicaとクレジットカードが一体化しているものは「Apple Pay」のSuicaカードとして利用することができないそうだ。

新規カードを発行、VIEWカードをオートチャージに活用

個人的にはオートチャージ機能を有効化している「ビュー・スイカ」カードを「Apple Pay」に登録する気満々で本日を迎えたが、何度やってもダメ。当初はサーバーが落ちているだけだと思っていたが、そもそも対応していなかったのだ。

「Suica」アプリにも「Suica機能付きクレジットカードはSuicaカードとして取り込むことができない」と明記されている。

Apple PayでのSuicaご利用ガイド」にもまさに「ビュー・スイカ」カードを名指しで「クレジットカード等と一体になったSuicaは取り込むことができません」と非対応である旨が書いている。YOUはSHOCK!

VIEWカードの場合、幸いにも完全に無駄になるわけではない。「Suica」アプリでオートチャージ機能を利用するためにはVIEWカードが必須

よって、「Suica」アプリから新規カードを発行し、決済方法としてVIEWカードを登録しておけば十分活用できる。

Suica機能付きクレジットカードで「Apple Pay」に登録できないと憤慨している皆さんは「Suica」アプリから新規カードの発行を行い、当初使おうとしていたクレジットカードを決済用のカードとして活用してみてはいかがだろうか!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス