記事提供:日刊大衆

来月公開の映画『ボクの妻と結婚してください』で主演を務める織田裕二(48)。

映画では、自分の死後にも妻には幸せでいてほしいと願って、妻の再婚相手を探す夫を演じているが、実生活でもいい旦那さんであるようだ。今月23日に都内で行われたカップル限定試写会で話した、妻とのラブラブなエピソードが話題になっている。

「織田さんは、プライベートについてなかなか話しません。バラエティ番組にゲスト出演するたび、家族や恋人の話題を広げようと司会者から話を振られるのですが、サラリとかわされてしまうことがほとんどなんです」(女性誌記者)

しかし、これまで謎に包まれていた織田裕二の私生活が、少しずつ明かされ始めている。この日、映画の内容にちなみ、観客から“夫婦円満の秘訣”を聞かれた織田は「たまには夫婦二人でご飯を食べに行くことかな」と回答。

さらに“記念日には何をするのか”と聞かれると、仕事で時間がなかなか取れないと語り、「(その分)貯金しておいて、どこかで時間ができたときに何かしようと」と照れながら答えた。

その他にも、“好きな人に言われてグッとくる言葉”など、立て続けに恋愛関係の質問が投げかけられたが、織田は恥ずかしさから背を向けたりしながらも、一つ一つの質問に丁寧に返答。

そこからにじみ出る妻への愛情に、世間から「なんかいいな~この感じ」「これは奥さん絶対幸せだわ」「いい旦那さんしてるんだな~」と称賛の声が上がっている。

10月13日に放送された『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)にゲスト出演した際は、オフの日の過ごし方を聞かれ「ディズニーランドにずっと行ったことなくて、最近初めて行った」と答えており、これにも「家族で行ったのなら、なんだかほっこり」とネットでは好意的に捉えられているようだ。

有吉弘行(42)から「プライベートが分からないのは高倉健か織田裕二」と言われるほど謎めいている織田裕二。そのミステリアスさもまた、魅力的だ。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス