突然ですが、皆さんは11月14日が何の日だかご存知でしょうか。

その答えは「世界糖尿病デー」。糖尿病への注意を喚起するために、2006年に国際連合が定めたもので、毎年11月14日には主要国でさまざまなイベントが行われています。日本でも、各都道府県で建造物を糖尿病撲滅のためのシンボルカラーである「ブルー」にライトアップしたり、百貨店フードコートでは健康メニューを提供するなど、糖尿病の予防の重要性を市民に周知する重要な機会となっています。

糖尿病は重症化すると怖い疾病

出典Oksana Mizina/Shutterstock.com

国際糖尿病連合(IDF)の糖尿病アトラス第7版によると、糖尿病は世界で約4億1500万人が抱える病気で、日本の成人糖尿病人口は720万人。世界で9番目に多い国となっています。

実際、皆さんは「糖尿病」という病気にどのようなイメージを持っていたでしょうか。700万人以上と、ここまで多くの患者さんがいれば、「治るんじゃないの?」と思う方もいらっしゃることでしょう。しかし実は、糖尿病は重症化すると怖い疾病なんです。

代表的な症状として、水分を多く摂取する、尿の量が増える、疲れやすくなる、体重が減少するなどなど…さまざまな体の異変が起こります。そしてこれらの症状を放置していると重い合併症を引き起こし、最悪死に至ることも。糖尿病は本人も気づかないうちに病状が進行していることもあるため、「サイレントキラー」として恐れられています。

糖尿病の主な原因って?

出典artemisphoto/Shutterstock.com

その糖尿病の大きな原因は2つで、「運動」「食事」にあります。ストレス社会と言われる現代。PCの普及でデスクワークも増え運動量が落ちたことや、ファストフード店の増加による食の欧米化などで、体に負担がかかることが増えています。

そんな中、まずすぐに実践できるのは「食生活の改善」ではないでしょうか?糖尿病は血糖値の異常な上昇によって起こる病気です。血糖値は食事により上がっていくため、脂質や糖質が多く含まれたメニューは極力避けていきたいところです。

低カロリーとは思えない!糖尿病予防メニュー

ですが、そうした糖尿病予防になるメニューと言われても、何を作って食べればいいのか迷ってしまいますね。

そこで今回は、オススメの低カロリーレシピをご紹介。見た目は豪勢ですが、この量でわずか600カロリーほど!野菜を多めにすることで、免疫力&代謝もアップするなど、いいことづくしです。

1.旬の野菜・春菊をソースに使用したチキンステーキ

<メイン>
■チキンステーキ春菊ソース 
旬の野菜・春菊をソースに使用したチキンステーキ。茹でた春菊をミキサーにかけるだけの簡単ソースです。レモンやプチトマトを添えて色鮮やかに 。

<サイドメニュー>
■白菜とりんごのコールスロー 
免疫力を高める野菜の中でも特に効果的な白菜とりんごのコールスロー。マヨネーズを使わずにあっさりと。

■かぼちゃの豆乳ポタージュ 
ミキサーを使わずに作るポタージュスープ。あえて食感を残すことで満足感もアップ。

2.冬野菜たっぷりの黒酢あんかけ

<メイン>
■豚と冬やさいの黒酢あん
酒、醤油と片栗粉をなじませた豚こま切れ肉をギュッと丸めてフライパンで炒めます。 その後はかぶ、にんじん、れんこんなどの冬野菜と一緒に煮込んで黒酢あんに。

<サイドメニュー>
■柿と大根のサラダ
旬の柿と大根を使った甘酸っぱい中華風サラダ。水菜でみずみずしさを演出。

■中華風たまごとトマトのスープ
体の芯から温める生姜を入れた中華スープ。トマトの酸味が味のアクセントに。

3.旨みぎっしり!鮭のきのこクリーム煮

<メイン>
■鮭のきのこクリーム煮
きのこは数種類使用することでうまみの相乗効果を引き出します。生クリームは使用しないため、よりヘルシーに。

<サイドメニュー>
■里芋とブロッコリーのマスタード和え
芋類の中でもカロリーが低い里芋。マスタードを加えることでアクセントになり減塩につながります。

■キヌアと豆のスープ
栄養価が高く、「スーパーフード」とも言われる南米原産の植物・キヌアのスープ。カロリー・塩分に余裕があれば、ベーコンも加えてもgood。

いかがでしたでしょうか。「もっと色んな種類のメニューが見たい!」こんな方のために朗報です。

「やさしいごはん」

出典 http://lo.ameba.jp

実は本日より「やさしいごはんキャンペーン」という、塩分・糖質・脂質控えめのヘルシーレシピが多数掲載されたサイトが開設。

野菜たっぷりで栄養満点、かつ胃袋も満足するレシピが続々と集まっています。

アクサ生命では、11月14日から、インスタグラムに「#やさしいごはん」とのハッシュタグとともにお料理をアップして下さった方の中から、キッチングッズをプレゼントするキャンペーンを実施中。どしどし応募して下さい!

CMでお馴染みの「アクサ生命」も糖尿病予防をサポート

全国各地で糖尿病デーの啓発を行っていることはお伝えしましたが、アクサ生命も、糖尿病の脅威の認知・正しい知識の啓発ならびに合併症予防の啓発を支援するため、2016年11月14 日に開催される「世界糖尿病デー」に5年連続で協賛します。会社の想いはFacebookでも詳しく書かれているのでご覧になってみてください。

気温が下がり、外で運動する機会もぐっと下がるこれからの季節。「自分はまだ大丈夫」の気持ちが糖尿病への引き金になってしまいます。まずはご自身の食生活を見直して、予防につなげていきましょう。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス