2万人に1人の発症率と言われるアルビノ(先天性白皮症)。世界ではアフリカがアルビノの出生率が高いとされ、サハラ以南では人口の1%がアルビノという地域もあるようです。しかし、アルビノは迷信で「富をもたらす」と伝えられており、アルビノの人たちが誘拐・殺害され体の一部が呪術に使用されるなど、アルビノを持つ人への被害が耐えません。

アルビノとは?

アルビノは、先天的な遺伝子の欠陥によりメラニン色素が欠乏することによって起こるもので、動物全般に見られる症状です。メラニン色素が欠乏しているため皮膚や体毛は白く、瞳孔は毛細血管が透けて見えるため赤色をしています。

出典 https://welq.jp

アルビノで生まれた人は、そうでない人にはわからない苦悩もあると聞きます。現在ではアルビノモデルとして世界中で活躍しているモデルがいるために、その認知度は高まってはいますが、やはり「見た目が違う」という偏見から差別を受けたりすることも少なくはないそう。アルビノは「病気ではなく個性」なのだと理解をする必要があります。

「妖精の女王」と呼ばれるロシア人モデル

ロシアのモスクワに住み、アルビノモデルとして活躍しているナスチャ・クマロヴァさん(20歳)。彼女の透き通る白さは「妖精の女王」と周りがいうほど美しく、神々しいもの。

ナスチャさんのInstagramには現在約5万人のフォロワーがいます。ナスチャさんは日本が大好き、そして日本のアニメやコスプレが大好きとあって、Instagramでは日本好きとわかるような写真の投稿がいっぱい。そして、自身のアカウント名も「喜美小林」と名乗るほど。時折メッセージを日本語で書いたりと、どうやら日本語も勉強している様子。

吸い込まれそうになる白さ!

「2万分の1」の確率は奇跡とされますが、まさにその奇跡が生み出した美しさです。雪のように白く、吸い込まれそうな魅力を持つナスチャさん。モデルなので、クールな表情が素敵ですが普段はやっぱり20歳の若き女性。笑顔もとっても可愛いんです。

コスプレも大好き!

フォロワーには日本人もいるようで「可愛い!」などのコメントも。ナスチャさんのアルビノの美しさとコスプレが合わされば、思いっきり二次元の世界ですね。

「妖精の女王」というイメージにぴったり

本当に妖精のような美しさ。ファンタジー感溢れるナスチャさん。

日本が好きだからこんなシャツも着ている…

「ちょうしょく」と書かれたTシャツ。ナスチャさんの神々しいまでの美しさと、このコミカルなTシャツのギャップがまたいいですね。

Instagramによると、どうやら今年の夏、ナスチャさんは日本を訪れていた様子。大好きなおそ松さんともたくさん写真を撮ったようで、嬉しそうなショットが投稿されています。

色が白いと黒縁眼鏡がこんなに似合うものなのですね!なんだかこれさえもコスプレに見えるほど。やっぱりナスチャさんは絵になる人なのでしょう。

アルビノの人への理解を深めよう

アルビノは、メラニンが不足しているので紫外線防御が必須となります。また、個人差はありますが視力障害などが起こる場合もあるそう。見た目の明らかな違いにより、偏見を持たれてしまうこともあるアルビノの人ですが、あくまでも「個性の一つ」として周りが理解することが大切。

この先、どんな人でもリスペクトし合って生きられるような社会になればいいですね。

アルビノに関する記事です。こちらも併せてどうぞ

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス