Licensed by gettyimages ®

電車内では携帯をマナーモードに、通話は他の乗客の迷惑にならないような小さな声でもマナー違反だと言われています。マナーとは、周囲の人々に不快な思いをさせないよう配慮する手段です。時と場合によって、柔軟にその手段は変えなければなりません。

そんな中、ある男性が電車内で掛かってきた電話に出て話し始めました。もちろん周囲からは冷たい視線が…しかし、通話後、車内の人々の冷たい視線は祝福の視線に変化していました。一体、この男性、どのような会話をしたのでしょうか。

Twitterユーザーの牡丹さんが遭遇した一場面。気の弱そうなおじさんが、電車内で通話を開始。何度も頭を下げて『その日から行けますがんばります』との声。そう!再就職が決まった電話だったのです。これには、周囲の冷たい視線もおめでとうの空気に一変。

確かにこれはマナー違反です。してはいけないことなのかもしれませんが、見知らぬおじさんの再就職を知らない人たちが「おめでとう」と心の中からエールを贈る。殺伐とした車内がほっこりした雰囲気に。

この投稿を見た人たちも、見知らぬおじさんにエールを!

おじさんおめでとう!

見知らぬ他人が乗る電車。何だこの人は?!と感じる人も多いのですが、ほっこりエピソードもたくさん。少し集めてみました。

電車内での防犯ブザー、さぞかし大きな音で…しかし、泣きながら説明する小学生をみんなで助けてあげようする姿。助け合い!日本も捨てたもんじゃありません。

車掌さんのうっかりミスが殺気立った車内をほっこりに。こんな笑えるミス好きです。

天使の笑顔とバイバイに電車内の全員が今日はいいことありそうと思ったのでは?!

平和です(笑)

笑顔ってやはり最強ですね。

ため息をつけば幸せが逃げると言いますが、それを吸い込んでるんですね。…ため息をつくサラリーマンにも幸あれ!

お母さんの膝に乗りたかったのかな。将来、甘え上手な紳士になりそう(笑)

知らない人たちが集まり、ほんの数分だったり、数十分、短い時間なのですが電車内で時間を共有してると、そこは人間、ドラマって生まれるんですね。

電車に乗ったら、周囲をよく見て下さい。きっと皆さんの周りにも心を温めてくれるような"ほっこりエピソード"が生まれているかもしれません♪

※権利者の許可を得て掲載しています。

オススメ記事も合わせてどうぞ♪

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

主にスポットライトで書かせて頂いています。
ありがとうございます。
Twitterアカウント開設しました。
よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス