国が違えば文化や習慣が異なるのは言うまでもないことですが、このほどエジプトで一人の父親が投稿した「子供同士の婚約発表」が話題になっています。

12歳の息子と11歳の従妹の婚約を発表

Pinned from metro.co.uk

12歳と11歳といえば、小学生。そんな子供たち2人の「婚約写真」を世間に披露したのはエジプト人のナッサ・ハッサンさん。ハッサンさんは、彼の長男である12歳のオマー君と、従妹の11歳のガラムちゃんが将来結婚することになったと発表しました。

婚約パーティーはカイロの郊外で行われたのですが、参加したゲストはこのパーティーを特に疑問に感じていない様子だった様子。しかしこの一件が国内のニュースで報じられるとエジプト国民の多くはハッサンさんを批判。

というのも、エジプトでは18歳未満の結婚は法律で禁じられており、現在では「児童婚」に対して厳しい目が向けられています。しかし底辺ではこの法律を無視して、親が子供を若くして結婚させるという事態が起こっているのが現状。

Pinned from metro.co.uk

ユニセフの調査によると、エジプトでは実際には18歳未満の少女が結婚している確率は17%に上ることが判明しています。

児童婚は都会よりもむしろ田舎で行われるケースが多いのですが、エジプトではこの児童婚廃止を求めて社会活動も行われており、今回のニュースはそうした活動家にとっては「犯罪だ」と言わせるほどの怒りを買ってしまった様子。

息子の婚約パーティーを企てた父のハッサンさんは「何も不適切なことなどない。実際に結婚したわけではないし、婚約しただけだ。息子は小さい頃からガラムのことが大好きなんだ。大きくなったらガラムと結婚するとばかり言っているから、ガラムが大きくなる前に婚約しておくだけだ」と地元メディアに話しています。

カイロという都市で起こった児童婚を匂わせる婚約パーティーに、世間は「いくら結婚していなくても、それを助長しているようなものだ」「女性の教育や成長、社会との関わりを断絶してしまう児童婚は許されるべきではない」といった批判を寄せています。

「今すぐ結婚するわけじゃないのだから」と主張するハッサンさんに「そういう問題ではないだろう」と反論する児童婚廃止に同意する国民。しかしどんなに世間が批判しても、エジプトでは児童婚はなくならないだろうと言われています。というのも、エジプトやその他の中東やアジア、アフリカなどイスラム教を宗教とする国では、こうした児童婚は文化や慣習となっており、廃止することは非常に難しいからです。

エジプトでは、今回のハッサンさんの子供だけが今年初めての児童婚を助長するニュースではありません。6月にも10歳の少女と12歳の少年が結婚したことで、児童婚防止に努める「The National Center for Motherhood and Childhood」は「子供たちから、子供時代を奪う以外のなにものでもない」と批判していました。

ハッサンさんは「あくまでも子供たちの意思を尊重しただけだ。結婚できる年齢になったらすればいい」と話しています。このニュースが英米で報じられると、やはり批判の声が多く寄せられました。

とはいえ、文化や習慣は宗教に深く関係しているという国が多く、どれだけ児童婚が倫理上に問題があっても決してなくなることはないと思うと、児童婚防止に励む社会活動家たちの道のりはまだまだ遠そうです。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス