記事提供:日刊大衆

10月16日に放送されたバラエティ番組『~本人も知らずに参加!新感覚バトルバラエティ~勝手にエントリー!』(読売テレビ)に、「NON STYLE」の石田明(36)が出演し、千鳥の大悟(36)とかつて殴り合いのケンカをしたことを告白し、司会の東野幸治(49)らを驚かせた。

この日は「絶対一緒に飲みたくない芸人レース」というテーマで、千鳥の大悟、ピースの又吉直樹(36)らが、酒を飲み交わす姿がVTRで紹介されたが、VTR終了後に石田が「大悟さんとケンカしたことあります」と意外なエピソードを語った。

「だいぶ酒グセが悪かった」と当時の自分を語った石田。そのとき一緒に飲んでいた千鳥のノブ(36)の“アゴ”が気に食わなかったらしく、「(アゴが)漫才の邪魔してるんちゃうんけ?」と先輩芸人であるノブに絡み、アゴをコツコツと小突いていたのだという。

それをみて大悟が激怒。「なんじゃコラ! おまえ、かかって来い!」と叫ぶ大悟に「“やったらあ!”って殴りにかかった」とケンカの過去を明かした。

結果的に、悪酔いしていた石田のパンチは大悟に余裕でかわされ、その隙をつかれて大悟からアバラに一発、強烈な一撃をもらってケンカは終了したそうだが、これを聞いて東野はドン引き。

「一緒に飲みに行くの怖い……。やめてや、俺殴るの……。(もしも自分が殴られたら)めっちゃ泣く」と石田にツッコミを入れていた。

ネットでもこの告白は話題になっており、石田の意外な酒グセの悪さに「石田さんそれはあかんよ」「アゴ小突くまではいいけど殴りかかったらあかん!」と非難の声が上がった。

一方、相方を思う大悟の行動は世間から称賛を集めているようで、「ノブのことバカにされて殴るとか、大悟のコンビ愛がすごい」「これはいい話。ノブが、からかわれるのが許せなかったんだろう」「意外な大悟の優しさにグッときちゃった」といった声が上がった。

同じ岡山出身で、高校時代から同級生だったという千鳥は、業界でもコンビ仲がいいことでよく知られています。

そのため『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の“学生時代の友達とコンビ組んでる芸人”という企画や、『ゴッドタン』(テレビ東京系)の“コンビ愛確かめ選手権”といった企画では、常連のコンビになってますね。

一方の石田さんですが、2010年の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)で語っていた話では、月に30万円ほど“ひとり酒”につぎ込むほどお酒が大好きなんだそうです。

ふだんは人見知りするタイプらしいんですが、飲んでいるうちにだんだん気が大きくなってしまうそうで、ある朝目覚めたら、自分の部屋に知らないサラリーマンが7人もいたなんて明かしてスタジオをザワつかせてました
」(お笑いライター)

飲みの席でのふるまいに、ネットの評価も大きく分かれる結果となったようだ。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス