記事提供:favclip

10月23日に放送された関ジャニ∞による音楽バラエティ番組『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系、毎週日曜よる11時15分~)に、音楽プロデューサーでDJの中田ヤスタカが登場した。

自身のDJ・アーティスト活動で人気を集めているだけでなく、数々のアーティストに楽曲提供し、特にPerfumeやきゃりーぱみゅぱみゅのプロデューサーとして知られている中田。

番組では、これまで自身のプロデュース曲に込めてきた様々な“仕掛け”について語っていたが、なかでも2016年4月に発売されたきゃりーぱみゅぱみゅの12枚目のシングル『最&高』に隠された仕掛けは、視聴者を大いに感心させていた。

出典 YouTube

CMにも使われ、「最&高(サイ・エン・コウ)」と歌うサビのメロディーが一度聴いたら忘れられないこの曲。

初めて聴いたとしてもサビの部分を口ずさむことができるほどキャッチーなメロディーだが、このサビに向けてある“仕掛け”を入れていることを中田は明かしていた。

その仕掛けは、Aメロ(動画では0:27~)から始まる。

「何十回 何千回の」と歌い始めるAメロだが、きゃりーぱみゅぱみゅの歌声のうしろで、実はサビのメロディーが伴奏で小さく鳴らされ続けているのだ。さらに、それがサビまで続いていくため、リスナーは無意識のうちにサビのメロディーに親しみをもつ。

これによって、初めて聴いたとしても思わず口ずさめてしまうほど馴染むことができるのである。

中田からこの解説がされると、関ジャニ∞のメンバーは「(中田に)してやられてる!」と興奮し、出演者の俳優・古田新太も「サブリミナル効果だ!」と感心した様子を見せていた。

また、視聴者からはこんな反応がTwitterで書き込まれている。

テレビに出るのは珍しいといえる中田ヤスタカ。そんな中田から楽曲解説まで聞けたとあって、ファンは大いに興奮しているようであった。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス