市川海老蔵さん一家といえば、妻であり母親の小林麻央さんが乳がんを発症し大変な状況です。幼い子供達は子供ながらに何かを感じ日々たくましくなっている模様。今回は海老蔵さんの息子・勸玄くんの様子をご覧いただきましょう。

一人称が「カンカンは〜」から「僕」に変化

きのうの麻央のブログだと、
ホテルの方に
僕のママだよ。
と言ったのとか…

私の前でも僕なんて言った事ないよ。

カンカンはぁ~だよ。
どうしたんだろう、

ママとお出かけで覚醒したのね
素敵だよ。

扇子で遊ぶ勸玄くんを見て「そろそろかな」と稽古を始める決意

ぼちぼち稽古するかな

親子の関係ではなくなるのでさびしいですが、
ぼちぼちかなと、

扇子で遊ぶ様子を見てそろそろ稽古の始め時かと考え深げな海老蔵さん。
親子から師弟関係になる寂しさも滲ませています。

ママにあげるんだと庭のレモンを収穫

振替休日の収穫日
せっせ
せっせ
よっ

しゅうかくぅ~

うん。
ママにあげるんだよね
優しい子。

おめでとう

気になる女の子もいる模様

カンカンマツボックリをやはりあげたそうです。
あんなに大切にしていたのに、

こんなにムキになってたのも
あの子にあげるためなのか?!
品定めしてたのか?
あげるマツボックリを

髪型まできめて、
それ、
愛?

とはいえまだまだあどけない子ども

ぐっすり寝入る勸玄くん。
いくらしっかりしてきたとはいえ、その寝顔はやはりまだまだ子供らしいですよね。

いかがでしたか?海老蔵さん一家も大変な時期ですが、子どもたちはいつのまにかたくましく頼もしく成長しているようですね。まだまだ甘えたい時期だとは思いますが、これから厳しい稽古の日々を迎えます。親子の絆をそのままに頑張ってもらいたいです!

この記事を書いたユーザー

Ameba編集部 このユーザーの他の記事を見る

Ameba編集部公式アカウントです。1万5000人以上の芸能人・有名人が利用するAmebaブログから、編集部が厳選した話題をお届けします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス