メルマガ『ジャンクハンター吉田の疑問だらけの道路交通法』の著者・吉田武さんが、現職の交通機動隊員Sさんに生の声を聞く人気シリーズ。

今回は、自転車の二人乗りの取り締まり方の話題に始まり、現場の警官たちが抱える「司法」への不満を思い切り暴露します!

爆発寸前。警察官が抱える「司法」への不満

吉田「違反するのを待たなくても警官の判断で職務質問は可能じゃないですか?特に自転車。昔は無灯火を中心に、夜の警らで捕まえたりしてましたよね。日中含めると二人乗りで捕まえることも多かったと思いますが、一度警官の行動を遠目から観察していた時、信号待ちで二人乗り状態で停止している自転車の後ろに立ち止ま青信号になって自転車が発進するのを待っていたんですよね。しかもその行為していたのが交通安全運動の期間中だったんです」

Sさん
「吉田が言いたいのは自転車が発進する前に注意すれば未然に二人乗り行為は防げたってことなんだよな?」

吉田「ええ、そうです」

Sさん「うーん、これは判断が難しいんだよ。止まっている自転車の荷台、つまり後ろに誰かが座っているとする。でも、状況証拠的に走ってない自転車なので二人乗りしているとの判断ができない。仮に後ろの者が“疲れたから自転車の荷台に座っているだけなんです”と言い張れば、走行している部分を目撃していない警官側はその説明を受け入れなくてはならない」

吉田「つまり状況証拠だけでは立証できないという観点から二人乗りして停車しているけども走り出すのを待っている…っていうことなんでしょうか?」

Sさん「その通り」

吉田「でも、誰がどう見たって疲れたから自転車の荷台にわざわざまたがって腰掛けているわけじゃないだろうと、ほとんどの人は思いますけどね」

Sさん「結局のところ現行犯を捕まえるのと一緒なんだよな。警官側としても罠にハメるっていう感覚ではなくて、実際に二人乗りで走り出すのかどうかを見極めるのが重要になっているだけ。違反をするのを待つという感覚は警官側は誰も思ってないぞ」

吉田「なんだか納得行くようで納得行かない気がします…が、それもこれも交通違反をしなければ始まらない事案ですから、Sさんのおっしゃる通り、違反者が何かアクションを起こすのを待つとの感覚はちょっと理解できます」

Sさん「だってさ、違反する前に怒られたら不愉快だろう?」

吉田「それもそうですね。でも警官っていう職業はつくづくストレスが溜まりますね。仮に自転車で二人乗り状態で停止しているとします。走り出すのを待たなければならないわけで、未然に“二人乗り禁止だぞ!”と注意したとしても“ただ座っているだけですが何か?”って返されたら警官側も不愉快にしか感じられないし、最終的に現行犯で捕まえないと何も始まらない日本の司法に対しても不満しか出てこなくなるとかありませんか?

警官たちが抱える「司法への不満」とは?

Sさん司法側に対して俺ら警官ってみんな不満しかないってば。現場を知らないくせにアイツらはただ座って仕事しているだけだろ?あんな連中が偉そうにしている姿を見るだけで反吐が出るな

吉田「うわ、凄い本音(笑)。まぁ、多くの資料へ目を通すのも仕事ですから司法側の方と以前お話した際に“膨大な資料を読むことが仕事”と自身でおっしゃってましたけどね。あれはあれで大変なんでしょうが…」

Sさん俺は司法側の面々はみんな嫌い、というか苦手だね。

法務省の上から的態度が嫌いなだけかもしれないが、俺ら警官なんて使い捨てみたいにしか思ってない上の連中も多く法務省自体が道路交通法を昔のまま改正させない態度に俺は苛立ちしか感じないわけ

原付バイクがいまだに法定速度30kmとか頭おかしいだろ。自転車のほうが早い時もある。大きな道路や主要幹線道路などは50kmまで速度上げていいとか改正するべき。つまり、アイツらは現場を知らないってこと。

それなのに10年前に駐車監視員制度のために…ってか、天下りの連中のために道路交通法を強制的に改正させ、政治家たちと仕組んで利益を生ませる方法を施行したのはどうにもこうにも解せない。何もかも法務省のやることはおかしい。

国の法律法規を定める司法側が癒着している現状に日本は終わっていると俺は声を大にして言わせてもらうよ。警官としてだけではなく、個人としても法務省のやり方を察すると余計に不愉快さは増す」

吉田「僕も法務省の遅い対応は仕事してない、仕事ができない面々しかいないんだなぁって常に思ってますけどね。特に法務大臣に対しては物申したいことばかり。

無謀運転する自転車が沢山いるっていうのに駐車監視員使って駐車違反者を減らす、まぁ減らしているっていうよりも反則金を多く搾取しているだけですが、自転車にも反則金を適用するとか動いているはずなのに全然目立った動きがない

つまり、法務大臣の怠慢さによって、自転車を取り締まる交通監視員制度を発足させていない現実に腹が立ちます。結局のところ、無謀運転する自転車側が事故を発生させてもクルマ側がいつまでも悪く過失が高いままな現状じゃないですか。

ああいうのは日本の法改正が進んでおらず古いままだから無秩序になってしまい、自転車は軽車両なのに歩行者と同等の感覚で運転する者が多くなっているんだと推測してしまうんです。

それで事故が増えても責任の追及は法務省には行かず、法務大臣にも行かず、泣き寝入りになる始末」

警官たちが「ストライキ」を起こす!?

Sさん「吉田の言っていることは正しい。いや、正しすぎるんだけど、その時々の与党から選ばれた法務大臣の責任が大きい。去年10月から任命されていた法務大臣岩城光英氏が積極的に動いて行なうべき行為だったとは思う。安倍首相から任命されているので、最終的には安倍首相の任命責任だと俺は思うんだけど、仕事ができる法務大臣じゃないと法改正すら動かない。1人で法律は変えられないけど、昭和のまま時間まで止まった状態の道路交通法が現状維持っていうのは俺ら警官たちはみんな思っているよ」

吉田「じゃあ、警官たちがストライキ起こせばいいんですよ!『ロボコップ』のデトロイト市警みたいに!」

<次回へ続く>

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス