新しい土地に引っ越してきたり、旅行へ行ったりすると、自分の住んでいる県以外の運転マナーに驚いたことってありませんか?

運転マナーの善し悪しは都道府県によって違いますよね。

実際に運転マナーの悪い県ってどこなんでしょうか?

■運転マナーの悪い県は?

AF(一般社団法人日本自動車連盟)はJAFホームページ内で「交通マナーに関するアンケート」を実施しました。

「あなたが住んでいる都道府県の交通マナーについてどう思うか?」という設問に対する結果が以下の通り。

トップは香川県、2位 徳島県、3位 茨城県、次いで沖縄県、福岡県という結果に。

都市部の方が運転が荒いイメージがあるので、ちょっと意外な結果という印象を受けますが、“ウインカーを出さない県”のランキングでは、

1位 岡山県、2位 香川県、3位 徳島県となっています。

トップは岡山県ですが、マナーが悪いと回答した上位の県と一致し、マナーの悪さを裏付ける結果となりました。

■事故発生件数からみる運転マナーは?

運転マナーが悪いと起こりうるのが“交通事故”。

国土交通省の平成26年度の交通死傷事故の発生件数を見てみると、

1位 愛知県、2位 大阪府、3位 福岡県、4位 東京都、5位 静岡県

と言う結果に……。運転マナーが悪いとされる上位3県は入っていませんよね。

この交通死傷者の発生件数を、人口10万人あたりで見てみると、

1位 佐賀県、2位 香川県、3位 静岡県、4位 宮崎県、5位 群馬県

事故発生件数が多い県のランキングとは全く違う結果となりました。

「車の保有台数が日本一」と言われる愛知県の交通事故の多さは有名ですが、人口10万人あたりの件数でみてみると8位。

人口が多いと事故発生件数も多くなると考えたほうが自然のようです。

この結果から“事故発生件数が多い=運転マナーが悪い”であるとは必ずしも言いがたく、運転マナーの悪さは、人口あたりの事故発生件数を見たほうが比較になると考えられますよね。

■運転マナーが悪い=自分本位で身勝手な人

最近話題になった、「信号のない横断歩道を渡ろうとしている歩行者がいても、一時停止しないドライバーは9割」

というニュースでは、一時停止しなければならないというルール違反の問題はもちろん、歩行者優先という意識と、ドライバー自身の思いやりが大きく欠けているということが浮き彫りになりました。

車を運転する際、絶対に忘れてはならないのが、思いやりと譲り合いの気持ち。

時間に余裕がない時に車を運転すると、無意識に運転マナーが悪くなってしまうこともありますよね。

ドライバーは時間に余裕を持って行動することも大切です。



いかがでしたか?

マナーが悪いと自覚がある県はそこからどう改善していくかを考えなければなりませんね。

お住まいの都道府県のマナーの順位が気になるところではありますが、まずは車を運転するドライバー自身が、”思いやり運転”を徹底することが1番大切なのではないでしょうか。

この記事を書いたユーザー

Sumai[日刊住まい]編集部公式アカウント このユーザーの他の記事を見る

インテリアもリノベも家づくりも! 「日刊Sumai」(http://sumaiweb.jp/)は自分らしい暮らしが見つかる情報サイトです♡

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 料理
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス