お茶の時間や食後のデザートにぴったりなチーズケーキ。
かぼちゃを混ぜる事によって、より栄養価は高くヘルシーに、そして見た目も鮮やかに変身します。

意外と簡単に作れるパンプキンチーズケーキのベイクドとレア2種類の紹介です。
混ぜて焼くか冷やすかなので簡単に作れて、トッピングやデコレーションで華やかにする事も出来ますのでおすすめです。

パンプキンチーズケーキ

出典:筆者撮影

写真上がレアチーズケーキにブルーベリーゼリーを合わせたもの、下がベイクドです。

型の大きさ
19cm×12cm
(15cm角、16cm角の型でも可)


【チーズケーキの台(ベイクド・レア共通)】

(材料)
クラッカーやクッキー120g
バター 30g
✳︎バターは牛乳25gでも代用できます。

(作り方)

①クラッカーやクッキーは、ある程度手で細かく割ってから破けにくいビニール入れて、タオルの上に置いてめん棒で叩いたり転がしたりして粉状にします。

出典:筆者撮影

自作のかぼちゃクッキーを使用しました。

②バターもしくは牛乳や豆乳を加えて全体に均一に馴染ませ、オーブンシートを敷いた型に敷き詰めて、ラップをしたコップなどでぎゅうぎゅうに押しかためます。

✳︎牛乳や豆乳を使用する場合の牛乳などの量は、25gを目安にクッキーやクラッカーの乾燥具合によって5g前後調整願います。

出典:筆者撮影

こちらの台は、かぼちゃクッキーを砕いたものに純ココアパウダーとブラックココアパウダーをティースプーン1杯ずつ加えて色を黒に変え、バターでは無く牛乳を使って作りました。

出典:筆者撮影

左が固める前、右が押し固めた後です。
これで台は完成です。

かぼちゃベイクドチーズケーキ

出典:筆者撮影

【かぼちゃベイクドチーズケーキ生地】

(材料)

クリームチーズ 150g
きび砂糖 50g

かぼちゃのマッシュ 150g (生のかぼちゃ200g)
✳︎生のかぼちゃの種と皮を取って2〜3cm角に切った200gをレンジ600wで5分加熱→160gになります。→マッシャーで潰して冷ましておくと155gになりますので、それを使います。

ヨーグルト 100g
卵 1個

薄力粉 10g

✳︎より濃厚にしたい時は、ヨーグルトを水切りヨーグルトに代えます。
更に濃厚にしたい場合は、ヨーグルトを生クリームに代えます。

(作り方)
①クリームチーズは完全に常温に戻します。
✳︎急ぎの場合は600wのレンジで20秒加熱して、まだ冷たければ10秒ずつレンジにかけて様子を見ます。

②泡立器でクリームチーズに砂糖を混ぜてクリーム状になったらかぼちゃのマッシュ、ヨーグルト、卵を加えて良く混ぜます。
この順番で混ぜるとダマになりにくいです。

出典:筆者撮影

出典:筆者撮影

③薄力粉を振るい入れて均一になるように混ぜます。
この時点でダマが気になるようであればザルなどで濾します。

フードプロセッサーやミキサーをお持ちの場合は材料全てを滑らかになるまで器械にかけます。

台を押し固めたておいた型に流し入れて、少し上からトントンと型を落として大きな気泡が入らないようにしておきます。

出典:筆者撮影

④170度に予熱したオーブンで30分、180度に上げて10分焼きます。
表面にシードやナッツを散りばめて焼いても可愛いです。

出典:筆者撮影

焼き上がったら、型に入れたまま粗熱を取って蓋やラップをして冷蔵庫で冷やします。
良く冷やすとしっとりと生地が落ち着いて美味しいです。

出典:筆者撮影

冷やした後

好みの大きさに切っていただきます。
三角形でも良いですし、バー状や正方形に切ってもおしゃれですね。

出典:筆者撮影

そのままでも、トッピングにブルーベリーソースやジャムを乗せるのもおすすめです。

より濃厚なチーズケーキにしたい場合は生地のヨーグルトを生クリームに代えますが、生クリームを使わなくても充分に濃厚ながら、後味はさっぱりと爽やかにいただけます。

出典:筆者撮影

かぼちゃレアチーズケーキ

出典:筆者撮影

【かぼちゃレアチーズケーキ生地】

(材料)

クリームチーズ 150g
きび砂糖 50g
かぼちゃのマッシュ 150g
ヨーグルト 150g
✳︎より濃厚にしたい場合は、ヨーグルトの半量(75g)を生クリームに代えます。

ゼラチン5g
お湯(80度以上)  35g

(作り方)

①型にオーブンシートを敷いて上記の台を作っておいて、
ベイクドチーズケーキ同様に、かぼちゃのマッシュを作ります。
✳︎生のかぼちゃの種と皮を取った200gをレンジ600wで5分加熱→160gになります。
→マッシャーで潰して冷ましておくと155gになりますので、それを使います。

出典:筆者撮影

かぼちゃのマッシュ

②クリームチーズは常温に戻し(急ぎの場合は600wで20秒、その後様子を見ながら10秒ずつ加熱)、泡立器でクリームチーズに砂糖を混ぜてクリーム状にして、かぼちゃのマッシュ、ヨーグルトを加えて良く混ぜます。

出典:筆者撮影

③お湯35mlにゼラチン5gを加えて、完全に溶けるまで良く混ぜます。

出典:筆者撮影

④ゼラチンの粗熱が取れたらかぼちゃのレアチーズ生地に加えて良く混ぜて、クラッカーなどを押し固めておいた型に流し入れて気泡が入らないように型を上からトントンして、最短でも2時間以上冷蔵庫で冷やします。

出典:筆者撮影

出典:筆者撮影

冷却後

冷え固まったら型から出して好みの形に切り分けていただきます。

また、表面にデコレーションを施しても楽しいです。
こちらはハロウィン仕様にチョコレートでクモの巣を書いてみました。

出典:筆者撮影

こちらは、ブルーベリーゼリーを上から流して更に冷やし固めました。

出典:筆者撮影

ブルーベリーゼリー

お湯60g
ゼラチン5g
ブルーベリージャム 90g

お湯にゼラチンを溶かしてブルーベリージャムを加えて良く混ぜます。

出典:筆者撮影

冷やしておいた、型に入れたままのかぼちゃレアチーズケーキの上に流して、ゼリーが固まるまで冷やします。

出典:筆者撮影

出典::筆者撮影

こちらもしっかり濃厚で満足感もありながら、生クリームを使わない事で乳脂肪分を抑えているので後味はスッキリ、柔らかく溶けていく食感と、ほんの少しだけのプルンとした食感がバランス良く仕上がっております。


ハロウィンシーズンにもぴったりな、パンプキンチーズケーキレシピの紹介でした。

記事を読んで下さってどうもありがとうございます。
今日も皆様が美味しい食事と共に楽しい一日を過ごせますように。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

この記事を書いたユーザー

Ayako このユーザーの他の記事を見る

ヘルシー食材を使った料理やスイーツレシピ、自家製酵母を使用したパンレシピをメインに、アート、フェス、イベント情報、店舗情報等を書かせていただいております。

得意ジャンル
  • おでかけ
  • 料理
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス