Hey! Say! JUMP山田涼介主演で話題の月9ドラマ「カインとアベル」

最近ではちょっと珍しいドロドロの愛憎を描いたドラマは、第1話を終えじわじわと話題になっているんです。

でも

面白いのは、それぞれのキャリアや恋愛問題が絡む2話以降!そんなわけで、今回はこれから始まる愛憎劇の序章である第1話を振り替えってみます。

優秀な兄と「できそこない」な弟

高田総合地所株式会社の創立50周年記念パーティー。

社長の高田貴行(高嶋政伸)は始め、名だたる列席の中には、将来会社をつぐであろう長男で副社長の隆一(桐谷健太)の姿も。しかし、その弟・高田優(山田涼介)の姿はありません。

兄の隆一は部下たちに弟を探すことを命じます。

列席者と歓談中、隆一は「そろそろ身を固めては…」と、一人の女性を紹介されます。美人を目の前にしても隆一はどこか乗り気でない様子。

ーーその頃、優は…

パーティを抜け出し、脇のほうで一人でシャンパンを開けたところ、矢作梓(倉科カナ)にかかってしまい、成り行きで二人で乾杯することに。形式ばったパーティが苦手な二人が気が合うのに時間はかかりません。

しかし、そこに兄に差し向けた“追っ手”がきて、社長である父のスピーチに参加することになります。そのスピーチ中、息子として、跡継ぎとして紹介されたのは兄だけだったのです。

小さい頃から、育てられかたも違っていた

家に帰ってから父にこっぴどく怒られた優。気にするなと慰めてくれる兄との会話もそこそこに眠りにつきます。と、夢に出てきたのは幼いころの二人。

兄弟で仲良く遊んでいると、父が現れ、隆一に「遊んでないで勉強しなさい!」と家につれもどされていきます。それを見送るしかない優に隆一は「優は遊んでばっかりでずるい」と…

翌朝、出勤すると…

アウトレット新規開発事業のメンバーに抜擢された優。優は、それが兄の隆一によるものだとわかります。隆一は、必要なメンバーだから入れた、と弟を陰ながらサポート。

そのプロジェクトには、昨日一緒にシャンパンを飲んだ梓の姿も。お互いにがんばろうと励まし合うのでした。

優の同期・柴田ひかり(山崎紘菜)と決起会を開きつつ、翌日からプロジェクトは本格始動。

優は、アウトレットモールに誘致する有名店へ飛び込み営業をかけますが、結果は散々。特に有名なイタリアンでピザを扱っている「マッシモ」は、「味がわかる客に出したい」とアウトレットモールへの出店には全くの後ろ向き。

兄・隆一のやり方

隆一からは、支度金の用意など金銭面での優遇をエサに再度お願いしたらどうかとアドバイスをもらいます。そして、隆一は、マッシモ以外の交渉が難航していた店の出店をやすやすと決めてくるのでした。

それを見た優は、どこか納得がいかない様子。ましてや、「味がわかる客に…」と情熱を燃やすマッシモのオーナーには、金銭面での交渉が効くとは思えなかったのです。

しかし、父の貴行は優に「本当にそうか?」と問うのでした。

優のやり方

翌日、マッシモのオーナー後藤に再度話を持っていくと、なんと後藤から要求されたのは優遇された支度金だったのです。50万円の支度金を用意し再度店に向かうと、後藤は金額の少なさに怒ります。仕方なく帰ろうとする優は気になっていたあることを後藤に尋ねます。

「味、変わりました?」

“素人”の生意気な発言により怒る後藤。

ーー深夜。

会社に戻ると、同じく蕎麦屋の誘致に悪戦苦闘中の梓が。今回の誘致失敗でプロジェクトを外れるという優と梓はプロジェクトについて話をします。

そこで優が取り出したのは、アウトレットモールに出店したら…というイメージをジオラマにしたもの。出店後のイメージをオーナーの後藤にわかってもらおうと一生懸命作っているものでした。

梓が担当する蕎麦屋も問題点は、水。これについても議論を交わしつつ、ただジオラマ作りに夢中になる二人。

しかし、完成したジオラマを持ってマッシモに行くと、条件のいい別のモールへの出店を決めたと後藤に告げられ、その後優は作ったジオラマを壊すのでした。

やっと通じた優の情熱

優が歩いていると、マッシモ1号店のあった場所に佇む後藤を発見。

昨日の優の発言「味変わりました?」という問いの答えを後藤は明かします。コストを考えトマトを変えていたということを…。

ーーその頃、会社では

マッシモの誘致が決まったとの一報が入ります!しかし、その場には、プロジェクトを外れるつもりの優の姿はありません。梓の蕎麦屋の誘致も決まります。その背景には、優が梓に与えたアドバイスがあったのです。

マッシモに出向いた優は、後藤から「味を戻した」ピザをご馳走になりながら、優が担当するアウトレットモールへの出店を告げられます。その後、プロジェクト参加を続けることにした優。

梓の家にいたのは…

梓が嬉しそうに蕎麦屋の誘致を報告する恋人、それはなんと優の兄・隆一だったのです。セオリーにとらわれない進め方に感心したという梓に、なにか考える隆一。父も「あいつはセオリーがない」ということを、どこか嬉しそうに言っていたことを気にしていました。

パーティで会った女性とのお見合いを進められそうな隆一。梓に「父に会ってほしい」と告げると梓の返事は「うん!」と破顔一笑。

一方、優は同僚のひかりとプチ祝勝会。終始梓の話をする優。実は、あの優と梓が残業した夜、ひかりは優のためにお弁当を持っていったものの、残業する二人の姿を見て、だまって帰った経緯があったのです。

兄の恋人が気になっている弟。
その弟が気になる同僚。
父の愛を一身に受ける兄。
疎外感のある弟。
また、その弟にどこか嫉妬する兄。


ここからは、ドロッドロの愛憎劇が繰り広げられるという今回の月9。

どのような展開になっていくのか、目が離せませんね!気になる第2話は
10月24日 よる9時〜!

ぜひ、見てみてくださいー!

この記事を書いたユーザー

tiara このユーザーの他の記事を見る

ファッション、美容、ときどき食べ物♪

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス