■東京カルチャーの40年間とは?

創業40周年を迎えるセレクトショップの「BEAMS」が、1976年~2016年までの40年間の東京カルチャーを「ファション」と「音楽」で振り返るMVを公開。その年に流行ったブランドやスタイルが見事に再現されています。

自分が生まれた年のファッションや、青春時代に着ていたブランドなど…当時を懐かしむこともできますが、なんといっても映像センスが抜群でカッコイイ!

■再現度がハンパない

ファッションは、その年代に流行ったブランドやスタイリングを紹介しながら進んでいきます。ヘアメイクもちゃんと再現されています。音楽はその年代を代表するアーティストが、「今夜はブギー・バック」をベースに、15ジャンルでカバーという超豪華なラインアップです。SUPERCAR、初音ミク、Suchmos…などのアーティストも様々。

さらに「ゲームボーイ」や「インスタントカメラ」、「W浅野」など、その年代にブームだったアイテムや流行語も登場します。

出典 https://youtu.be

1979年/ディスコスタイル、シティボーイ

出典 https://youtu.be

1980年/竹の子族
原宿の歩行者天国で音楽をかけながら踊っていた竹の子族。奇抜ですね。

出典 https://youtu.be

1989年/渋カジ
「GAMEBOY」「W浅野」の文字も。

出典 https://youtu.be

1991年/ボディコン
羽のついた扇子でお立ち台で踊っている感じでしょうか。

出典 https://youtu.be

1996年/シノラー
篠原ともえさんのカラフルでポップなスタイルを真似した「シノラー」たち。

出典 https://youtu.be

1997年/B-BOY、アムラー
厚底ブーツを履いた、安室奈美恵さんのファッションスタイルを取り入れた「アムラー」がブームになったのもこの頃ですね。

出典 https://youtu.be

1999年/ガングロギャル
今ではほとんど見かけることもなくなったガングロのギャルたち。当時「ヤマンバ」という呼び名もあり、テレビ番組やCMでも見かけましたね。

出典 https://youtu.be

2009年/RUDEスタイル、甘辛ミックス

出典 https://youtu.be

2010年/ハイエンドストリート、山ガール
このあたりになると、ファッショントレンドとしてもつい最近ですね。「チームしゃちほこ」も出演しています。

出典 https://youtu.be

2014年/ノームコア
余計なものをそぎ落としたシンプルなスタイル、ノームコア。

出典 https://youtu.be

2016年/アンバランススタイル
出演しているのは人気俳優の池松壮亮さんです。

出典 https://youtu.be

2016年/アンバランススタイル
池松さんが歩いて向かった先にいるのは、女優の小松菜奈さんです。

■そのMVがこちら!

各年代のファッションや登場するアーティストを楽しめるのはもちろん、映像もカッコイイです。これは必見!

TOKYO CULTURE STORY

出典 YouTube

FASHION
1976年から2016年まで。東京のストリートを飾った82のスタイルを、時代を象徴するブランドや、現在は入手困難なアイテムでリアルに再現。

MUSIC
シティポップからアシッドジャズまで合計15ジャンル。「今夜はブギー・バック (smooth rap)」を、時代をつくり続けている27人のミュージシャンがノンストップでカバー。

出典 https://youtu.be

■Twitterでも早速話題に!

動画は10/23に公開されたばかりですが、豪華なアーティストと映像のクオリティに「素敵すぎる」「最高すぎ」など…早速話題になっています!

これは素敵すぎますね!

最高です!

BEAMSに勤める方も!

■サイトでは各年代のファッションがずらり

「TOKYO CULTURE STORY」のサイトでは、1976年~2016年の1年ごとに、その年代のファッションが一覧になっています。MVに登場したスタイルを見ることができるようです。

出典 http://www.beams.co.jp

1980年/竹の子族

出典 http://www.beams.co.jp

1988年/HIP HOP
HIP HOPスタイルは今でも街中で見かけますね。確立されたファッションですね。

出典 http://www.beams.co.jp

1996年/シノラー
MVにも登場していた、篠原ともえさんのファッションを真似した「シノラー」。

■「TOKYO CULTURE STORY」とは?

「TOKYO CULTURE STORY」は、セレクトショップの先駆けとして、常に新しいトレンドを牽引してきたビームスが、東京の若者文化と共に歩み、共に創り上げてきた40年間にフォーカスを当てるプロジェクトです。今後も移りゆく時代の中で、ハッピーなモノやコトを世の中に発信していこうという、ビームスのメッセージが込められています。

出典 http://www.beams.co.jp

「TOKYO CULTURE STORY」プロジェクト第一弾が、このMVとのこと。第二弾、第三弾…と続いていくのを期待したいですね。なにが起こるのか楽しみです。

この記事を書いたユーザー

tokyomania このユーザーの他の記事を見る

興味を持ったネタをいろいろと書いてます!

得意ジャンル
  • 音楽
  • 話題
  • おでかけ
  • 広告
  • グルメ
  • カルチャー
  • エンタメ
  • ファッション
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス