記事提供:Conobie

娘が一歳を過ぎたころ、昼間家にいるのも大変になってきたので幼稚園や保育所の子育て支援イベントに参加するようになり、うちは働いていないし幼稚園かな、と思い始めたころ公立幼稚園、私立幼稚園のほかに認定こども園の文字が。

一体何が違うの?調べてみたらこういうことでした。

「認定子ども園」ってなんだ!?

私自身働いていないので娘は幼稚園かな?なんて思っていたわけですが、市で配布されている幼稚園リストには

・公立幼稚園
・私立幼稚園
・認定子ども園

の3種類がありました。公立・私立はわかるとして…「認定子ども園」って何!?希望してる幼稚園も来年から認定子ども園になるとのことだったので急遽調べてみると…

「認定こども園」とは?そもそも幼稚園と保育所と何が違うの?

実際に調べてみました。幼稚園、保育所、認定子ども園、それぞれ子どもを預ける場所ですが、少しづつ違うのです。図にまとめてみました。

つまり、認定子ども園は、保育所と幼稚園、一つの施設に両方の機能を備えている施設ということになります。認定子ども園に入園する場合、親の就労状況や子どもの年齢により、希望を出す必要があります。

以上が認定子ども園を私なりに調べてみた結果です。近年、認定こども園が増えているのは、待機児童対策の一環だと考えられます。

去年の今頃、育児休暇終了のお母さんたちが「無事希望の保育所に入所できるかどうか」不安を語っている姿を見て心が痛くなったのを思い出しました。一日も早く待機児童ゼロ時代が来てほしいものです。

ここまで閲覧ありがとうございました。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス