記事提供:gooランキング

アニメではどのキャラクターも親しみやすいように呼びやすい名前が多いですよね。そのため忘れられていることが多いのですが、実は本名がやたらと長くて覚えにくいキャラクターが大勢いるんです。

今回は「フルネームが長すぎて驚くアニメキャラクター」を調査・ランキングにしてみました。本名を知って驚くかも?気になる結果をご覧ください!

知ってた?実はフルネームが長すぎて驚くアニメキャラランキング

1位 シータ
2位 モジャラ
3位 ムスカ
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は『天空の城ラピュタ』から「シータ」!

大人を中心に人気が高い『天空の城ラピュタ』からシータが首位となりました。彼女はラピュタに存在した王国の末裔で、継承した名前が「リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ」という名前。トエル・ウル・ラピュタの部分は「真のラピュタ王」を意味しているのだそう。

映画の中では一度だけしかこの名前は出ていない上にそこそこ長いので、なかなか覚えられない人が多いようです。

2位は『モジャ公』から「モジャラ」!

1995年にアニメ化された藤子・F・不二雄先生原作の『モジャ公』の主人公モジャラがランク・イン。宇宙人ですが、見た目は毛玉のようなかわいらしい印象。

本名は「モジャラ・ハナモゲラ・サナダビントニック・フランサスカッチ・リトルフット・ピグニン・アレキサンドロ・ポニックコニック・タランベリー・クチュクチュ・スッパピーピー・パイポッポー公爵」と長すぎてもはや覚えるのは不可能なレベル。

タイトルの『モジャ公』は公爵が由来なのでしょうか?謎は深まるばかりです。

3位は『天空の城ラピュタ』から「ムスカ」!

1位のシータに続き『天空の城ラピュタ』からムスカが選ばれました。シータと同じように「ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ」という名前を継承。ラピュタ王族は地上に降りる時に2つに分かれており、ムスカは分家であるパロ家の末裔となっています。

「目が、目があああ」のセリフが印象的なムスカ。シータを拉致し、ラピュタ王国を復活させようとあれこれ画策しますが、最終的にはラピュタと共に海に落ちていく最期となってしまいました。

2位にランク・インしたモジャラの本名を覚えている人は存在するのでしょうか?とても気になります。他にも「絶対覚えられない!」と思うキャラクターが多数、4位~41位のランキング結果でぜひ確認してくださいね。

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。

有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)

調査期間:2016年9月23日~2016年9月28日

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス