大人も子供も楽しめる施設といえば、たくさんの動物たちやその他の生き物に会える動物園や水族館がその一つでしょう。最近では動物保護の視点から、シャチやイルカのショーは虐待にあたるとして水族館ではシャチを飼育せず、イルカもショーを廃止しているアメリカの水族館もあります。

野生動物を捕獲し、限られた園内・館内で飼育するということ自体が「動物虐待」になるという人もいるために、動物園や水族館の倫理は線引きが難しいところでしょう。中には客集めのために、様々なショーを行っている動物園もあるようですが、その中でこのほど一際注目を浴びている動物園があります。

北朝鮮の動物園のチンパンジーが物議を醸している…

Pinned from metro.co.uk

各英紙でも報道され、現在物議を醸しているのがこちらのチンパンジー。というのもチンパンジー自身ではなく、チンパンジーに喫煙させている動物園がネット上で問題となっています。

北朝鮮の首都、ピョンヤン市にある中央動物園で飼育されているメスのチンパンジー「アザレア」が器用にタバコを拭かす画像が先日ネット上で流れ、世間を驚かせました。

この中央動物園は今年の7月にリオープンし、客集めのために話題になりそうなイベントを企画。そこで、飼育員がアザレアにタバコの吸い方を教えたというわけなのですが、アザレアはタバコを拭かす行為だけでなく飼育員が投げ入れたライターやマッチを使って自分で火を付けるという仕草をも見学者に公開しているそう。

Pinned from metro.co.uk

中央動物園にはチンパンジーは2頭おり、アザレアだけがタバコの吸い方を訓練されたようです。こうした飼育法は筆者の住むイギリスでは明らかに「動物虐待」「倫理違反」として問題視され、動物園が批判を受けることは間違いないのですが、どうやら北朝鮮ではそうしたことを訴える人は皆無のようで、見物客もアザレアのタバコを拭かす姿を喜んで見ているそう。

Pinned from metro.co.uk

ネット上での議論が交わされる中、米紙『The Huffington Post』によると霊長類学者フランス・B.M.・ドゥヴァール氏は「これは動物虐待に当たる」と指摘しています。「人間と同じように動物もタバコを吸うともちろん依存性があり、健康への害もある」と話しています。

動物園側は「アザレアは本当に肺まで吸っていない。ふかしているだけだ」と主張していますが、この発言に対し同氏は「その発言は信用性が全くないだろう。ヘビースモーカーの人間が『肺まで吸い込んでいない』と言うのと同じだ」と反論。

Pinned from metro.co.uk

中央動物園は1959年に設立され、当時はバジャ(あまぐま)が50匹いただけだったと言われています。2014年からは都市改革に伴ってこの動物園では他の猿たちにもバスケットボールをさせるなど様々なショーが行われており、国内の見物客には好評だということですが、海外の反応はとても冷ややか。

「過去からの人権侵害のことを考えれば、人に残酷な行為をしてきた北朝鮮が、チンパンジーに喫煙させてそれを見世物にしているという事実に対して、今更驚く人もいないだろう」と同紙は報じています。

Pinned from metro.co.uk

リオープンして以来、ピョンヤン市ではこの動物園が市民にとって主なレジャー施設となっているようで、連日多くの人が訪れているといわれています。たくさんの客が詰めかける中、アザレアは毎日タバコを拭かすというショーを見せなければいけません。

世界の動物園でも、こうした「動物に強いる」行為が行われていることは決して否めません。その一方で、動物保護を考える団体組織も存在しています。最近では、トリップアドバイザーが海外でのイルカのショーや象乗りなど、野生動物へ悪影響を及ぼすようなツアーを廃止するという意向を発表しました。

「人間の好奇心を満たすよりも、動物保護に努めることの方が最優先」というポリシーを定めることで、動物福祉を世界的に広めて行こうと訴えています。

強いられることでストレスがたまる動物たち

Pinned from metro.co.uk

ストレスが溜まるからついタバコに手が伸びてしまう…という喫煙家とは反対に、動物たちはこうした行為を強いられることでストレスが溜まっていくのです。そしてそれがトラウマとなり、精神的にも問題を抱えるようになってしまうのは動物も人間も同じだと専門家は話しています。

ましてチンパンジーなど希少価値の高い生き物は、私たち人間が「保護していく」という意識を持たなければならないのではないでしょうか。

動物園や水族館は、私たち人間をとても楽しませてくれるもの。それは否定できません。でも、こうした倫理に反する無理強いは飼育ではなく虐待ではと批判する人が多いのも納得できる気もします。

動物福祉を目指すキャンペーンが世界に広がっても、まだまだ動物虐待は減らないというのが事実ですが、トリップアドバイザーが先駆けとなったように、「動物の心理的幸福をリスペクトする」という試みが今後、どのような形で世界に反映していくのかが注目されるところとなりそうです。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス