日々ネット上で検索されるさまざまな言葉。中でもいきなり検索数が増えた「急上昇ワード」はまさに今、世の中で大きな注目を集めています。

そこで本コーナーでは、「なんでコレが検索されてるの?」と皆さんが疑問に思う検索ワードの「急上昇なワケ」についてご紹介します!調べてみると意外な事実が見つかることも…!?

本日の急上昇ワードは「給付型奨学金」

出典 http://search.yahoo.co.jp

本日13時40分時点のYahoo!リアルタイム検索で、14位にランクインしています。

以前から奨学金については多くの人が関心を持つ話題でもありましたが、なぜランクインしたのかというと…

政府が“給付型”奨学金の検討を始めた

Licensed by gettyimages ®

「奨学金」と聞くと、日本で一般的なのは返済が必要な貸与型奨学金ですが、昨今その返済に苦労する若者が多いのです。中には、生活もままならないケースや、完済していないことが結婚のハードルになっていることもあります。

そんな中、政府が検討を始めたのは返済不要の給付型奨学金です。もちろん給付の条件もいくつかありました。

給付条件1:保護者の収入状況

Licensed by gettyimages ®

大学生を対象にした返済の必要がない給付型の奨学金について、文部科学省などは生活保護世帯など経済的に厳しい家庭の子どもに対し、来年度から一定の成績の基準を満たすことなどを条件に毎月3万円を給付する方針を固めました。

出典 http://www3.nhk.or.jp

給付の対象となるのは、「生活保護世帯など」とあることから保護者の収入状況が条件の一つになるようです。

給付条件2:成績4以上

Licensed by gettyimages ®

現在、保護者の収入以外に条件として出ているのが、生徒本人の成績。具体的には、高校の成績が5段階評価で平均4以上でなければならないとのこと。

一見すると、経済状況が厳しい家庭の子どもに進学の機会が与えられる制度として評価できそうなのですが、問題点もいくつか指摘されています。

「学校自体の学力差があるので不公平」

Licensed by gettyimages ®

一律で成績4以上となっていますが、進学校で4を取るのと、そうではない学校で4を取るのとでは、やはり難易度が変わってきます。

この部分を指摘する人は、非常に多く見られました。

「高卒認定資格取得者がカバーされていない」

Licensed by gettyimages ®

現時点の条件では、あくまでも高校に通っている生徒が対象となっており、高卒認定資格(いわゆる大検)取得者がカバーされていません。

なんらかの理由で、高校へ進学できなかった人の中には、この資格を取得することで大学を目指している人もいます。

「そもそも3万円じゃ足りない」

Licensed by gettyimages ®

国公立の大学であっても、授業料は決して安くありません。特に理系の大学であれば、教科書1冊が○万円なんていうこともあるのです。

例えば東京大学の場合、入学金が282000円、授業料が年間535800円なので、約82万円かかります。給付金を1年間受給すると36万円なので、授業料だけで考えても18万円ほど足りない計算です。

「財源は19歳から22歳の特定扶養控除からって...」

Licensed by gettyimages ®

現在、19歳から22歳の子どもがいる家庭は、学費などの負担が大きいという理由から子ども一人あたり63万円の扶養控除が行われています。

しかし、今回の給付型奨学金の財源とするために、この控除対象を見直すというのです。つまり、大学生のいる家庭からお金を集めて、大学生に渡すという図式になってしまいます。

この財源についても異議を唱える方が、大変多く見られました。

おわりに

Licensed by gettyimages ®

返済不要の奨学金制度ができることは、確かに喜ばしいことなのですが、対象と財源に問題が多く残されています。

今後、どのような議論がされていくのか、注意深く見守っていきましょう。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス