記事提供:messy

(C)柴田英里

東京メトロの公式キャラクター「駅乃みちか」の、萌えキャラバージョンが波紋を呼んでいます。

「駅乃みちか」は、2013年秋から東京メトロ駅ポスターなどで活躍している、「東京メトロサービスマネージャーで帰国子女の23歳女子」という東京メトロ公式キャラクターです。

3~4頭身程度で、近年流行の萌えキャラゆるキャラとは違った、素朴なテイストのイラストながら、メトロポスターではあざとそうな一面もあるキャラクターとして、東京メトロの利用者にはその存在がじわじわ浸透していたのではないでしょうか。

さて、数日前から問題視する声が(主にTwitter上で)相次いでいる“萌えキャラバージョン”の「駅乃みちか」は、東京メトロ公式キャラクターとしてのデザインがリニューアルされたものではありません。

萌えキャラクターコンテンツのひとつである『鉄道むすめ~鉄道制服コレクション~』(トミーテック)の企画に参加するために、人気イラストレーターの伊能津さんによって描かれたものです。

画像は駅乃みちかLINEスタンプ公式リリースより。

画像は『鉄道むすめ~鉄道制服コレクション~』公式サイトより。

『鉄道むすめ』の公式サイトによれば、『鉄道むすめ』は、オリジナルキャラクター達が実際の鉄道事業者の現場で活躍する制服を着たキャラクターコンテンツであり、公開された「駅乃みちか」イラストは、2017年2月11日から開催予定のスタンプラリー企画『つなげて!全国“鉄道むすめ”巡り』へのゲスト参加を記念して公開されたものであると明記されています。

つまり、『鉄道むすめ』版の「駅乃みちか」は、あくまで、萌えキャラクターコンテンツである『鉄道むすめ』とのコラボイベントのための姿であり、東京メトロ駅構内や車内に貼られる公式のポスターがリニューアルされたわけでもなく、萌えキャラとしての「駅乃みちか」が、駅や電車内といった公共空間に貼り出されたわけでもありません。

にもかかわらず、リニューアルされたものと誤解して、「前のみちかのほうが良かった」「メトロのキャラとして不適切」といった批判を繰り出す人が目立ちました。

「鉄道むすめ版駅乃みちか」イラスト批判の多くは、「公共交通機関の公式キャラクターが性的な記号を孕むことは不適切だ」というものでした。

・スカートの上から太ももや股間のラインが浮かび上がっており性的である。

・元イラストの特徴である困り眉やピンク色に染まった頬と、半開きの口元が合わさることで媚びているような恍惚としているような表情となっており性的である。

・いわゆる“乳袋”描写ではないが、ブレザーの上から胸のふくらみがわかるところが性的である。

・全身のポーズが妙にくねくねしていて性的である。

・サービスマネージャーという職にある女性を、知識と経験を備えたプロフェッショナルとしてではなく、性的にアピールする若く未熟な女性として表象している。

しかし、公開されたイラストは公共交通機関の公式キャラクターとして使用されるものではありません。また、肌を露出しているわけでも、制服を激しく着崩しているわけでもありません。

「困り眉」や「胸の膨らみ」、「あざといポーズ」などは、東京メトロ公式の「駅乃みちか」にも見受けられるものです。

キャラクターが性的に見えることを指摘する言葉ひとつをとっても、「スカートから下着のようなものが透けて見える」「おしっこを我慢しているようなポーズで不快」「衣類と身体は、デフォルメするのではなく、実際の人間が服を着用した時と同様に描くべきだ」「女性の身体の美しさではなく、ヘテロ男性の一方的な性的欲望が描かれている」など、いささか過剰な意見も目立っていました。

「東京メトロの安全性や信頼性に関する広報」などの文脈で、女性キャラクターだけが「サービスマネージャーという職にある女性を、知識と経験を備えたプロフェッショナルとしてではなく、性的にアピールする若く未熟な女性として表象している」となれば問題ですが、ゾーニングされた萌えキャラクターコンテンツの文脈でそれを批判されても、「萌えコンテンツで萌え萌えキュンしてなにが悪い」としか言えません。

萌えコンテンツであっても、職を持つ女性は知識と経験を備えたプロフェッショナルとしてのみ描くべきであれば、少女漫画やBLにでてくる有職のイケメンに対して、その職業の特性や修練度とは別の部分で萌えたりときめくことも同様に成立しなくなります。

ゾーニングされていた萌えキャラを引っ張り出して炎上させる

何度も繰り返しになりますが、“萌えキャラバージョン”は、あくまでも鉄道むすめの企画用のデザインです。東京メトロ構内や車内に貼られたものでもない上に、従来のキャラクターがリニューアルされたわけでもありません。

それは、『鉄道むすめ』の公式サイトを見ればすぐにわかることです。その文脈を無視して、「東京メトロのキャラクターという公共性の高いもの」が、「過度に性的で不適切」であるという誤解を拡散し続けることは、それこそ「適切」なのでしょうか。

ある表象を批判する時に、その特徴を実際よりも明らかに過剰に表現することは、その過剰な部分によって批判を先導することに他なりません。

多くの人はとても優しいので、何かに傷つけられた誰かを助けたいと思ったり、傷ついている人の力になりたいと思います。

ある表象を批判する時に、その特徴を実際よりも明らかに過剰に表現することは、そうした人たちの憤りを利用し、怒りを誘導することに他ならないのではないでしょうか。

多くの批判者が「少し調べればすぐわかること」すら調べず、「公共空間に置かれるものとしてふさわしくない」「公共交通機関の公式キャラクターが性的であることは許されてはならない」という論調で批判を続け、実際に数多くの苦情が寄せられたため、「鉄道むすめ版駅乃みちか」のスカートの表現は変更となりました。

『鉄道むすめ』の他の鉄道キャラクターたちは、胸や股間の影もそのままですが、これらもすべて「性を感じさせない仕様」に変更する必要があるのでしょうか?

ある表象がもたらし得る効果について批判する場合には、「いつ・どこで・だれが・どのようにそれを使用したか」と言う部分が論点として必要不可欠であるにもかかわらず、そこを見ようともせず結論ありきの批判をぶつけることは、乱暴です。

こうした乱暴なクレームを投げつけられて、メーカーが対応せざるを得なくなっている現在の状況は、全くもって嘆かわしいものです。

本来ならば、公共交通機関の公式キャラクターとしてではなく、適切にゾーニングされた『鉄道むすめ』という萌えコンテンツの中ででてきた「駅乃みちか」の表象が、一種のセックスアピールを孕む萌えであろうがそうではなかろうが、是非もないことなのです。

大事なことなので繰り返します。

実際に東京メトロ駅構内や電車内に存在しているわけではない「鉄道むすめ版駅乃みちか」が性的な欲望をかき立てるような表象であろうがなかろうが、「鉄道むすめ版駅乃みちか」が誰かの性的欲望が一方的に表現されたキャラクターであろうがなかろうが、そんなことはどうでも良いことなのです。

欲望をかき立てられる側の人間が、ヘテロ男性であろうがなかろうが、性別やセクシュアリティ問わずです。

露出度もほとんどなく、東京メトロの制服を着崩しているわけでもない「鉄道むすめ版駅乃みちか」に対する、「いろいろ性的でけしからん」という批判自体も、感情論や趣味判断が目立ちました。

陰影をつけ、衣服の中の身体の構造を少し浮き上がらせることによって立体的に描く技法そのものの否定や、実際でも多く存在するブレザーごしに胸の膨らみがわかる女性、内股の女性といった、女性身体の特徴そのもの悪しざまに言うこと。

前者は表現者の表現を抑圧するものであり、後者は「女性身体であることそのものが性的であり、性的であることは良くない」という女性の抑圧に他なりません。

人体を描く技法には様々なものがあり、表現者の興味関心によっても、どの要素が重点的に描かれるか、あるいは、どのようにデフォルメされるかは異なります。

例えば、優れた彫刻作品を多く残したミケランジェロのデッサンは、陰影が多少破綻したり、奥行きの空間性が失われても、細部の骨や筋肉の構造まではっきりと把握できる、「身体の構造」を重点的に描いたものが多いです。

反対に、スフマート(輪郭なしに影だけで自然な立体感を表現する絵画技法)や空気遠近法を用いて豊かな奥行きと影によって浮かび上がる柔らかい身体の立体感を描き出すレオナルド・ダヴィンチのデッサンは、「身体が置かれた空間」を重点的に描いたものが多いです。

「衣類と身体は、デフォルメするのではなく、実際の人間が服を着用した時と同様に描くべきだ」というのは、イラストレーターの伊能津さんの個性や作風への批判でしかないのです。

性そのものを悪者にしてはいないか

「身体はこのように描くべきだ/描くべきではない」という、身体の規範を求める樣はまるで、西洋中世のキリスト教絵画における規範のようです。

中世キリスト教絵画では、イエスの養父であり、聖母マリアの婚約者・夫であるヨセフは、老人として描かれます。

乳児のイエスと若いマリアの横で、ヨセフだけが老人として描かれるのは、「家父長制を自明のものとするためにヨセフは聖母子とともに描きたいが、若い男として描けばマリアの処女懐妊に疑いの目が向けられ得る(早い話が、若い男と女だとセックスしちゃいそうだから、知的だが枯れていそうな老人にしておこう)」というわけです。

また、聖母マリアの受胎告知のシーンの絵画においても、天使ガブリエルが持つ百合の花の雄しべを描くことは禁止されていました。

そうです、「雄しべと雌しべって、どことなくセックスを連想しちゃわない?」というのが禁止の理由です(子供のからかいみたいな理由ですよね…)。

是が非でも性的に見えないように、性的妄想すらしないように、聖母マリアの絵画では、パートナーが老人化したり、植物の雄しべが消失したりしていたのです(あれ…、「鉄道むすめ版駅乃みちか」への苦情にも似たようなものが沢山…)。

「全身のポーズが妙にくねくねしていて性的であるので良くない」と言いますが、ひねりと反り、筋肉の緊張と弛緩は、身体を美しく魅せる基本技法であり、作者の技量や個性が発揮される部分です。

そうした表現そのものが良くないとなれば、世界中の美術館などにある人物画や人物彫刻は滅びるしかなくなります。

「女性の身体はそのものがエロく卑猥なので、表現として不適切、表現すべきでない」とでもいうのであれば、それほど女性を侮辱した考えはありません。

他方で、男女問わず、身体がエロさや卑猥さ、セクシーさを孕みうることは事実です。人間だけに限らず、「だれも絶対に性的欲望を抱かないもの」など、この世に存在し得ないでしょう。

それすら許されないのであれば、私たちは人間をはじめとしたあらゆるものを描くことができなくなり、目耳口手や性器をはじめ、全ての性的快感を味わい得る器官を潰さねばならなくなります。

公共空間に存在せず、ある程度ゾーニングされたコンテンツの中で発表され楽しまれていたものに対して、「公共空間に置かれるものとしてふさわしくない」「公共交通機関の公式キャラクターが性的であることは許されてはならない」という批判をするのは不適切です。

簡単にわかることすら調べず、そのことを指摘されても知らぬ存ぜぬを通すのであれば、それはもう、「嫌いだからバッシングする」「叩きたいから叩く」以上の根拠は存在せず、もはや、「オタクだから悪い」「萌え絵だからキモい」ということでしかありません。

ゾーニングされたコンテンツを楽しむオタクに対して、「萌え絵に喜ぶオタクそのものがキモい」という批判をすることは、オタク差別でしかありません。

「公共空間に提示されるものとして相応しいか、特定の人種や性別や宗教に対して差別的ではないか」を本当に考えるのであればまず、バックラッシュであるとかジェンダー後進国である、逆張りであるなどと言う前に、

・原典にあたって経緯を把握し情報を精査する冷静さ。

・感情論や差別意識に基づく決めつけでなく、過不足なく適切な批判を心がけること。

・他者の怒りに同調するのではなく、問題であると感じる、問題が起きた原因を俯瞰的に捉え、改善するための適切な方法を思考すること。

などが必要ではないでしょうか。

そして、そうした最低限に必要なリテラシーすら持たず、感情論や差別意識に基づく決めつけによって批判や抗議や弾圧を繰り返すことこそ、あらゆる差別主義者にとって最も都合の良い展開であることに、いい加減気付くべきではないのでしょうか。

最後になりますが、今回、「鉄道むすめ版駅乃みちか」は、まったく不当な理由で批判され、一部表現の改訂がされました。

改めて、「事実と異なるクレームには断固として立ち向かうことの重要性」と、「ある表象を批判する時に、その特徴を実際よりも明らかに過剰に表現することによって他者を誘導することの是非」が、問われる必要性を感じます。

柴田英里

現代美術作家、文筆家。彫刻史において蔑ろにされてきた装飾性と、彫刻身体の攪乱と拡張をメインテーマに活動しています。Book Newsサイトにて『ケンタッキー・フランケンシュタイン博士の戦闘美少女研究室』を不定期で連載中。

好きな肉は牛と馬、好きなエナジードリンクはオロナミンCとレッドブルです。

現在、様々なマイノリティーの為のアートイベント「マイノリティー・アートポリティクス・アカデミー(MAPA)」の映像・記録誌をつくるためにCAMPFIREにてクラウドファンディングを実施中。

@erishibata
「マイノリティー・アートポリティクス・アカデミー(MAPA)」

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス