様々な料理に使えて栄養豊富なカボチャを使った野菜スイーツの紹介です。

自宅で手軽に作れるスイーツの代表マフィンのレシピを、
混ぜて焼くだけ、短時間で手早く作れるベーキングパウダー使用と、
ゆっくり発酵させて待ち時間も楽しめる自家製酵母使用の、両方の作り方を紹介させていただきます。

出典:筆者撮影

手早く簡単ベーキングパウダーを使ったカボチャマフィン

出典:筆者撮影

6個分

【材料】

(生地)
無塩バターorなたね油or太白ごま油 50g
きび砂糖 40g

卵1個
牛乳or無調整豆乳 70g
天然塩 ひとつまみの半分


薄力粉 120g
ベーキングパウダー 4g

マッシュかぼちゃ 100g
✳︎皮と種を取り除いた150gを1cmの厚さくらいに切り分け、600wのレンジで4分加熱してマッシャーで潰します。
それで約100gくらいのかぼちゃのマッシュが出来ます。

(フィリング)
お好みでレーズンやナッツ、刻んだチョコレート 、チョコレートチップなど 40〜60g

✳︎甘い方がお好みの場合、ナッツなど甘く無い具材を混ぜる時やもしくは何も具材を混ぜない場合は、生地自体のお砂糖を10g程度増やしても美味しいです。


✳︎レーズンを生地に混ぜる場合

レーズンをお湯に2時間程度浸けて戻しておくと、レーズンがジューシーで美味しいマフィンに仕上がります。

お湯に浸けたレーズンはザルで水気を切って、時間があればタッパーなどに入れて乾かないようにして、一晩冷蔵庫で保存しておくとより水分を吸収してジューシーになります。

もしくはラムレーズンなどの、すでにお酒などに漬けてあるレーズンを使用するのがおすすめです。

60gのレーズンを戻すと大体90g〜100gくらいになりますので、ラムレーズンを入れる場合はそれくらいの量がおすすめです。

戻しておいたレーズンやラムレーズンは、生地に混ぜる時に、水気を切って周りについた水分をキッチンペーパーで拭き取ります。

【作り方】

①無塩バターを使用する場合は常温に戻しておいて、オーブンを170度に予熱します。

無塩バターと砂糖と合わせて白っぽくなるまで良く混ぜます。
卵を何回かに分けて加えて、牛乳と塩も入れて良く混ぜます。

油分でなたね油や太白ごま油を使う場合は特に分けずに、油分から塩まで一緒に良く混ぜてしまっても問題ありません。

出典:筆者撮影

なたね油使用

②薄力粉とベーキングパウダーを合わせてふるい入れて(もしくは合わせて泡立器で混ぜておいたものを入れて)混ぜます。

③マッシュかぼちゃと具材を入れて均一になるように混ぜます。

✳︎フードプロセッサーをお持ちの場合は、具材以外を全て一緒にフードプロセッサーで混ぜて具材を均一に混ぜます。

出典:筆者撮影

④型に入れて170度に予熱しておいたオーブンで25分焼きます。
竹串を刺して生地がついて来なければ焼き上がりです。ついて来るようであれば2〜3分更に焼きます。

✳︎焼き色をしっかりつけたい場合は180度に予熱したオーブンで焼きます。

出典:筆者撮影

出典 https://www.instagram.com

焼き上がりにメープルシロップを塗って、ローストしてあるシードを飾りました。

お砂糖控えめなかぼちゃの生地とレーズンの自然な甘み、油分も控えめながらカボチャを混ぜた事によってしっとり上品な甘さの美味しいマフィンに焼き上がりました。

出典:筆者撮影

ゆっくり発酵、酵母を使用したかぼちゃマフィン

出典 https://www.instagram.com

6個分

【材料】

卵1個+牛乳 合計100g

無塩バターor太白胡麻油orなたね油 50g
きび砂糖40g
天然塩 ひとつまみの半分

レーズン酵母元種 40g(粉:水 20:20)
✳︎作り方は下記リンクを参照願います。

薄力粉 100g
マッシュかぼちゃ 100g
✳︎マッシュかぼちゃはベーキングパウダー使用時と同様に準備します。

(フィリング)
お好みでレーズンやナッツ、刻んだチョコレート 、チョコレートチップなど 40〜60g

【作り方】

①バターを使用する場合は常温に戻しておいて、卵からレーズン酵母までをボウルに入れて、酵母の種生地がバラバラになってよく馴染むまで混ぜ合わせます。

②薄力粉とマッシュかぼちゃを加えて均一になるまで混ぜて、最後に具材を均一に混ぜ合わせます。

出典:筆者撮影

③ボウルにラップをして、冬場は常温で6時間前後、夏場は2時間程度常温で発酵後に冷蔵庫で6時間発酵させます。

✳︎季節に限らず常温に1時間程度置いてから冷蔵庫で一晩発酵でも作る事が出来ます。

出典:筆者撮影

発酵後の生地

④型に入れて170度に予熱しておいたオーブンで25分焼きます。
ベーキングパウダー使用時と同様に、竹串を刺して生地がついて来なければ焼き上がりです。ついて来るようであれば2〜3分更に焼きます。

✳︎焼き色をしっかりつけたい場合は180度に予熱したオーブンで焼きます。

出典:筆者撮影

トップにヨーグルトチーズクリームをトッピングして、砂糖で甘くソテーしたかぼちゃを飾りました。

ヨーグルトチーズクリームレシピ

水切りヨーグルト50g
クリームチーズ50g
きび砂糖 10g

常温に戻しておいたクリームチーズと砂糖を良く混ぜ合わせて、水切りヨーグルトを混ぜ合わせ、冷蔵庫で冷やします。
絞り出し袋に入れてマフィンの上に絞ります。

出典:筆者撮影

ふんわりしっとりコク深いマフィンを使った、ヘルシーカップケーキの出来上がりです。



かぼちゃのマフィン、二通りの作り方を紹介させていただきました。
かぼちゃの季節ですので、かぼちゃを使ったレシピをどんどん紹介させていただきます。

記事を読んで下さってどうもありがとうございます。
今日も皆様が、楽しい1日を過ごせますように。


この記事を書いたユーザー

Ayako このユーザーの他の記事を見る

ヘルシー食材を使った料理やスイーツレシピ、自家製酵母を使用したパンレシピをメインに、アート、フェス、イベント情報、店舗情報等を書かせていただいております。

得意ジャンル
  • おでかけ
  • 料理
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス