記事提供:Techinsight

内村光良(ウッチャンナンチャン)が映画『金メダル男』(10月22日公開)の宣伝を兼ねてバラエティ番組『笑ってコラえて!』に出演した。スタジオだけでなくロケも行った彼は、自分の娘と同じ年頃の女の子を連れた父親に出会い意気投合する。

10月19日放送の『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』(日本テレビ系)にスペシャルゲストとして迎えられた内村光良

共演者に正体を隠してクイズ形式で当てるオープニングでは、巷で若い女性たちに聞いた彼のイメージが紹介され「普通に歩いてる映像見たけど、全くオーラなかった」「変なおじさんという感じ」「市役所で働いてそう」「ポット、頭押したら鼻からお湯出そう!」と様々な声があった。

「ポット、鼻からお湯出そう」のヒントで「ウッチャン」と正解されると、スタジオに「市役所で働く変なおじさんです!」と気まずそうに本人が登場した。

その内村がロケを行った“日本列島スワンボートの旅”は都内大田区の洗足池で金のスワンボートに乗り、ボートで遊ぶ人々に声をかけて回る。

女子中学生から「手越(祐也)は学年内ではそれほど人気ではない」という話が聞けたり、中学時代に『ウリナリ!!』のキャラクター“ホワイティ”を武道館へ見に行ったという奥さんなどいろいろな人と出会う。

そんななか8歳の女の子とそのお父さんが2人でボートに乗っており、内村は自分の長女に重ねて「お父さん(娘のことが)大好きでしょ!?」「いやわかりますよ、2年生でしょう、うち1年生ですから。たまんないすよね」と熱く語りかけた。

「ただ、仲良くしてくれるのもあと3、4年と思うと悲しくなってくる」という内村に、そのお父さんが「会社の上司が2年生までだと言っていた」と共感すれば「マジすかっ!じゃ、俺も希望無くなるじゃないすか」と肩を落とす。

別れ際には「だからこの一瞬一瞬をお父さん大事にしてください!私も今一瞬一瞬を大事にしてますから!」と自分を励ますように訴えるのだった。

VTRを見て所ジョージが「自分と同じくらいの子どもがいるとずいぶん語ってたね。今一瞬一瞬をとか!」と振ったところ「10歳が境界線だと言われるんですよ」と返す内村は父親の顔だ。

すると、ひな壇の後ろから菊地亜美が「お風呂一緒に入ってますか?」というので「たまに入りますよ」と返した。

菊地は自身の体験から、小学3年生頃には本当は父親と一緒に入りたくないが「イヤだけど言えない時期が来ますよ」と言い出す。

彼の表情がこわばるのは見えないのだろう「だから、むやみやたらに一緒に入ろうって言わない方がいい」と続けたところ、内村から「やめろよ!」と制されてしまった。

他局ではあるが、内村がMCを務める『痛快TVスカッとジャパン』(フジテレビ系)でも、彼は自身の子どもの話題になると顔がデレデレしてしまいトークにキレがなくなるほどだ。

今回も娘がいつまで仲良くしてくれるのかナーバスになっているところに、菊地からお風呂の真相を聞かされて思わず声を荒らげたのだろう。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス