早朝から日暮れまでに離着陸した飛行機を撮影し、画像編集ソフトを使って1枚の写真に合成した…圧巻の写真シリーズ「Airportraits」。制作したのは

アメリカ、ロサンゼルスを拠点に活躍する建築写真家“Mike Kelley”さん。なお、Mikeさん。最初は趣味の延長として撮影していたそうなのですが、そのあまりのインパクト、そして、美しさが話題となり世界中が称賛!現在では「Airportraits」シリーズとして、写真集も出版するほど注目を集めています。

1つの滑走路に限定、また、輸送用の小型ジェット機などは省略されているとのことですが、今までに見たことがない壮大な景色。そして、息を呑む美しさ。これは感動に値するレベルではないでしょうか?

コチラは東京国際空港(羽田空港)を撮影した1枚。ちなみにMikeさん。その国らしさを風景に収める為、撮影ポジションにもかなりこだわっているのだとか。

たしかに“富士山”を見れば、日本である事が一目瞭然ですよね。

「あらゆる飛行機を撮影しなくてはならない為、手間と根気が必要だ!」

と語るMikeさん。撮影中はトイレに行くのも躊躇するのだそうです。(笑)

曇り空はまた違った雰囲気。

着陸風景も非常に面白いですね。

写真にストーリー性を感じる…Mikeさんの写真シリーズ「Airportraits」。では、目を奪われる美しき光景。どうぞご覧下さい!

ロンドン・ヒースロー空港(イギリス)

ターミナルが1から5まであり、国際便の利用客数は世界1位という規模を誇る「ヒースロー空港」。飛び立つ飛行機も様々!

こちらもヒースロー空港。

ミュンヘン空港(ドイツ)

ヨーロッパ1の空港に選ばれたこともある「ミュンヘン空港」で撮影された写真は、横からではなく、なんと下から!これも圧巻の光景!

フランクフルト空港(ドイツ)

日本から欧州へ移動する際の、主要な玄関口のひとつとなっている「フランクフルト空港」。都心部にある空港だからなのか、飛行機の離陸角度が急角度ですね。

シドニー国際空港(オーストラリア)

ビーチから撮影された「シドニー国際空港」の離陸風景。

チューリッヒ空港(スイス)

チューリッヒ空港で撮影された…左右に飛び立つ飛行機。Mikeさん曰く“渾身の一枚”だそうです。

いかがでしたか?

■渡り鳥みたい!
■これは鳥肌モノだ!
■まるで「紅の豚」のワンシーン!

と、SNSでも話題となっているMikeさんの写真シリーズ「Airportraits」。興味を持った方は彼のホームページ。チェックしてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス