女性と男性の考え方の違いに戸惑う方は多いのではないでしょうか。特に男性からは「女性の気持ちがわからない」と嘆く声がよく聞こえてきます。

今回の無料メルマガ『システマティックな「ま、いっか」家事術』では、女性がなぜ突然怒りを爆発させるのか、そのメカニズムについてわかりやすく解説しています。

ポイント制だって知らないらしいよ

さて、本日はポイント制のお話。男性と女性の考え方の違いをテーマになんどか記事を書いているんですが、ミョーに男性読者からのウケがいいんですよね。

多分、男性が目にするメディアの中では、「恋愛の駆け引き」みたいな異様に特殊な状況だけを想定して、男女の違いを書いているのでしょう。なので、フッツーの日常での男女の違いについて、知識のインストールが出来ませんよね。

マズい状況ですよねえ、それ。駆け引きが必要なくらいの恋愛の場面って、あっという間に終わっちゃいませんか?それ以外で相手の考えていることがわからないって、すごーくマズいと思うんですよ。

てなわけで、今回は一番重要な(?)「怒り」についてです。オトコって、ヘンな地雷を踏んでくれますからね。

女性からすると、日常生活の中でダンナの振る舞いは「どうしてそんなこともわからないの?」ってカンジです。察するのが得意な女性は、ごく自然に物事を推測したり相手の気持ちをくみ取ったりできます。

これがあまりに当り前に出来るので、女性はその自覚がないほどですし、コレが出来ないというのが想像出来ないんですよね。

なので、「ハッキリ言ってくれなきゃわからない」男性ってすべからく「コイツ、マジ?」くらいに感じてしまうことも多々あります(苦笑)。

で、これが日常生活の中では「ムカチーン!!」となるわけです。ははは。ああ、なんだか笑いが乾いちゃうわ。

で、こっからが本題なんですが、こういう日常のイラムカはだんだん心に溜って…あ、いや、貯まっていきますよね。あ、男性の読者さんたち、ここひとつめのポイントですよ。女性の怒りは溜まって…貯まっていくんです

ムカチン来たあと、それが「はーい、ポイント1!」となるんですよ。怒りポイントとも言うべきカードを女性は全員持っていて、日々怒りポイントを貯めていっているんです。そうとは知らずに男性は、ちっこいところでもカンタンに怒りポイントを貯めてくれるんですよねえ。

そして訪れる恐怖の瞬間。そう、ポイントが貯まった時です。何が起るかといえば、そう、激怒(`皿´)=3 ですよ。ポイントが使われたわけですね。しかも、すでにポイントは完全に貯まっているので、もうキッカケはなんでもイイんです(笑)。

・ティッシュを置きっぱなしにした
・洗い方ががちょっと雑だった
・しょう油を取ってと頼んだ
・洗濯物のたたみ方が違った

男性読者さんたちは、きっと1度や2度心当たりがあると思いますが、そう、いわゆるあの「地雷ポイントがわからない」現象は、こうして起こるんです。

そのときの行為や言葉が問題だったんじゃない
んですよ。それ以前にポイントが貯まっていたということ、そしてそれに気づいていなかったことが問題なんです。

怒りポイントを貯めない・減らすことはできるのか

さて、そんなポイント制を採用している女性の怒り。おそらく男性は、できれば怒りポイントなんて貯めてほしくないと思いますよね。なにより

・どうしたら貯めずにいられるのか
・貯めちゃったとしてどうしたら減らせるのか

が知りたいトコだと思うんです。大爆発の大ゲンカをすれば、そりゃ怒りポイントはゼロに戻りますが、それはあまりにキツい。その凄惨すぎるイベントをパスする方法が知りたいですよね。

そして、多分

・相手の愚痴を聞いてあげる
・なにかプレゼントをする
・食事に誘う
・家事を積極的にやる

こういう行動で怒りポイントを減らすよう努力しているかもしれません。えーとですねえ、そんなけなげな男性のためにここで衝撃の事実を申し上げましょう。

怒りポイントは、大爆発以外行使不能にして永久不滅なんです!!怒りポイントは1度貯まったら、行使されない限り、すなわち大爆発しない限りゼロにはなりません。しかも永久不滅です。

ケンカのときに、女性が数年前数十年前のケンカやムカつく出来事を蒸し返すのも、怒りポイントが永久不滅だからなんです。

そして、愚痴を聞いてあげるのも、プレゼントをするのも、食事に誘うのも、家事を積極的にやるのも、怒りポイントを低減させることはなく「嬉しいポイントが貯まる」だけなんです。

嬉しいポイントってのがあるんですよ、怒りポイントとは別にね。で、男性の意に反して、嬉しいポイントは怒りポイントと相殺されることはナイんです。

がーん………そんなバカな。じゃあどうしろって言うんだ…。

みたいな気持ちになりますよね。そりゃなるよ。毎日、ちょっとしたすれ違いや諍いがあるのは、どうしようもない。それなのにそれが行使不能で永久不滅だなんて…。

たったひとつだけ、怒りポイントを低減できる方法が!

そう、この結論はあまりにもヒドいので、私はアタマをひねって考えたんですよ。どうやったら大爆発以外でポイントを低減できるのか?を。で、ひとつだけ思いつきました。コレならイケるはず!

それは「女子会に行かせること」です。

男性読者さんたちはご存じないと思いますが、女子会というのはランチと愚痴のことなんですよ(笑)。特に身の回りの人についての愚痴です。

女性は、ストレスをおしゃべりによって解消するので、さんざん貯まりまくった怒りポイントも、たくさんしゃべって聞いてもらうと低減するんです。

え?「それならボクが聞いてあげるのに」?

…チッチッチッ。ムリムリ。男性じゃダメなんですよ。そもそも男性と女性では愚痴聞きのスキル差がハンパないんです。

ま、さしずめ「砂場の山と富士山」「月とスッポン」くらいでしょうか(笑)。しかも怒りポイントを貯めさせた本人に愚痴るって、そりゃ愚痴じゃ済まないですよ。おそらく小出し爆発になるだけです。ここはオンナ友達に任せておきましょう。

オンナの怒りは、ポイント制。これを知らないってこと自体が女性としては驚きなんですけど、ぜひ、これを覚えて女子会に気持ちよく送り出してやってください。

image by:Shutterstock

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス