記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。

2016年11月2日(水)に発売予定の日経ヘルス2016年12月号では、「自律神経ケア」が特集される予定です。

今あなたに襲いかかっている疲れ目や便秘、頭痛腰痛は、もしかしたら自律神経の乱れによって引き起こっている症状かもしれません。

そこで今回は「自律神経ケア」をテーマに、症状別に行える自律神経のケア方法を医師に解説をしていただきました。

1.疲れの目を解消する自律神経ケア

適温に冷ました蒸しタオルを目に当てることで目の周囲の血行が良くなり、緊張感が和らいで疲れ目の解消に役立ちます。

2.便秘を解消する自律神経ケア

自律神経が走行する背骨に適度な刺激を与えることで、自律神経の乱れによっておこる「腸ストレス」を改善して便秘を解消することができるといわれています。

3.頭痛・腰痛を解消する自律神経ケア

頭痛

ストレスなどが原因で起こる自律神経の乱れによる頭痛は、休息とストレス解消がよいでしょう。適度に体を動かすことは、筋肉ほぐしとストレス解消の両方の効果が期待できておすすめです。

腰痛

こちらもストレスからくる筋肉の緊張が腰痛の主な原因になっているので、ストレス本体を解消することが重要です。ゆっくり入浴することなどは血流の改善効果も期待でき、好ましいです。

4.だるさを解消する自律神経ケア

自律神経の乱れでだるさが起きる理由

自律神経のバランスが乱れていると、本来休むべき時にうまく体が休息を取れないために疲れが蓄積したり、肩こりや頭の重さなどの症状も合わさって強い倦怠感を感じることがあります。

だるさ解消をする自律神経ケア

全身のストレッチや運動、もし趣味などがあれば思い切りそれに没頭してみるのもおすすめです。

5.冷えやのぼせを解消する自律神経ケア

自律神経の乱れで冷えやのぼせが起きる理由

2つの自律神経の働きが乱れることによって、体温調節や発汗の調節に乱れが生じ、冷えやのぼせが生じると考えられます。

冷えやのぼせを解消をする自律神経ケア

自律神経の乱れが何からきているのかにもよりますが、更年期障害やうつ病など原因がはっきりしているのであればそちらを改善することが症状の改善につながります。

ストレスによる自律神経の乱れであるなら生活リズムの改善や運動習慣などが改善に役立ちます。

6.不眠を解消する自律神経ケア

自律神経の乱れで不眠になる理由

本来、夜間眠るときには副交感神経が優位になって体温が下がり、眠りにつくのが自然ですが、自律神経のバランスが乱れていると眠る時間になっても体や気持ちを興奮させる交感神経が優位のままで眠れなくなることがあります。

不眠を解消をする自律神経

眠る前にゆっくり深呼吸をしたり、ぬるめの湯船にゆったりつかることがおすすめできます。

≪それにしても眠すぎる…のは睡眠の質が悪いからかも!≫
疲れはきちんと回復していますか?「睡眠の質」をチェックしてみる

医師からのアドバイス

自律神経の乱れによる症状に悩まされる現代人は非常に多いです。自分のケアを決しておざなりにしないようにしましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス