WSJに大変面白い記事が掲載されています。

仕事ができる人はよく眠る

K・アンダース・エリクソン教授が実施した人間の能力に関する研究の1つでは、最も能力を発揮する人々は1日あたり8時間36分睡眠をとっていることが分かった。ちなみに、米国民の平日の平均睡眠時間は6時間51分だ。

睡眠の質を高めるには―有能な人の睡眠時間は平均8時間36分‐WSJ.com

出典 http://jp.wsj.com

ぼくもロングスリーパーで、11時に寝付くと、起きるのは7時すぎ。つまり8時間は寝ています。というか、8時間寝ないと機嫌が悪くなります。

出張などで早朝の飛行機に乗らなければいけないときは、なんと9時に寝ます。下手するとうちの娘(4歳)より早い。

世の中には「ショートスリーパー」なる人々もいますが、あれは例外中の例外で、基本的に人間は寝ないとダメな動物です。「3時間睡眠」とか真似すると精神と身体が壊れますよ。

ちなみに、あの堀江貴文さんも、睡眠を大切にしているそうです。そりゃあ、寝ないと仕事できませんからねぇ…。

私はどこかの会社に雇われている身ではないので、時間設定は自由だ。

もちろん約束が入っていればその時間は拘束されるが、朝はゆっくり寝ていたいので大抵は昼過ぎから予定を入れる。私の中で睡眠はそれくらい大事なこと。最低でも8時間は寝たいところである。

睡眠時間の重要性|堀江貴文オフィシャルブログ「六本木で働いていた元社長のアメブロ」

出典 http://ameblo.jp

「睡眠は短い方がいい!」みたいな強迫観念がまかり通っている気がしますが、むしろ逆だと思うんですよね。

ほとんどの人にとっては、7~8時間寝る方が、パフォーマンスを高める上で重要なんです。仕事が忙しくて十分に眠れないなら、仕事のやり方が絶望的にまちがっています。

ブラック企業で働いているみなさん。悩むべきは、「睡眠時間が長過ぎる…」ではなく「質のいい睡眠をたっぷり取ることができない…」ことです。睡眠時間の長さを嘆く暇があるなら、残業をやめて、さっさと帰って寝るべきです。

冷静に考えて、8時間寝たって、残り「16時間」あるんですよ?睡眠削ってまで働くとか、ほんと仕事のやり方をまちがえてます。笑い話ではなく、うつ病になって死んでしまいますよ…。

一流のアスリートが不規則な生活をするか?

関連して、不規則な生活をしている人もダメですね。「土日に寝だめして、平日は残業地獄」とか最悪。仕事できないのがまるわかり。そんな生活じゃ、パフォーマンス上がらないですよ。

だってあなた、たとえば一流のアスリートが、「本番前日」に徹夜したりすると思いますか?

オリンピック出場直前に「本番のために、今日は徹夜だ…」とか言うわけないじゃないですか。負けますよ、確実に。

ぼくは毎日が「本番」のつもりで生きています。毎夜が「本番前夜」なのです。

だから、規則正しく生活して、十分に睡眠を取り、毎日最高のパフォーマンスを出せるようにしています。ビジネスパーソンとして当たり前ですね。

規則正しく生活していない人というのは、「毎日が本番」という気持ちが欠けています。ちょっと信用できませんね~。

成果を出したければ、毎日毎日、淡々と過ごしていく必要があります。試合の次の日も、トレーニングは欠かさない。「本番の次の日はだらだらと過ごす」アスリートが、最強になれるわけないですよね。

規則正しく、秩序のある生活を送ろう

名著「クリエイティブの授業」に紹介されている、フロベールの名言は痺れます。

規則正しく、秩序のある生活を送ろう‐‐作品の中で凶暴性と独創性を発揮できるように(ギュスターヴ・フロベール)

レビュー:(本)オースティン・クレオン「クリエイティブの授業」:イケハヤ書店

出典クリエイティブの授業 STEAL LIKE AN ARTIST“君がつくるべきもの”をつくれるようになるために

アーティストって不規則な生活をしているイメージがありますが、ぼくの経験上、それは例外中の例外ですね。まさに、独創的な作品を創るためには、しっかりと心と体を整える必要があるのです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス