実況ツーリング動画をメインとしているユーチューバー“次郎白雲”さんが

危機一髪!かろうじで事故回避!

と題し、アップした…衝撃の動画。これが現在、ネットを中心に話題となっているので紹介したいと思います。

ツーリング中に突如起こった…衝撃すぎるハプニング。

それは、片側一車線の田舎道を走行中、対向車線を走るライダーが送ったサインによって始まります。

前から走ってくる1台のバイク。

なにやら右手を上下し、コチラ側に合図を送っている様子。

実はこのサイン。ハンドサインと呼ばれるものでして、腰の右側か左側で、手の平を下にし、腕全体で軽く上下させるこの動きは

スピードを落とせ!

という合図。そんな対向車線を走るライダーのサインに気付いた次郎白雲さん。ここで、ライダーのメッセージを受けとり、スピードを落とすことに。

「今、速度を落とせって合図を送っていたよね。」

さては…

「ネズミ捕りかな?」

そんな予想をしながらも、スピードを落とし走行を続ける次郎白雲さん。

ネズミ捕り 路上に速度測定器が設置してあり、そのポイントで速度違反が発覚すると、その先の駐車誘導エリア(取り締まり現場)に連絡し検挙するという取り締まり方法。

そして、カーブを曲がり

直線に入った次郎白雲さんは、この後!

危機一髪!衝撃の光景を目の当たりにすることに!

では、見ているコチラ側もドキッとする…事故回避動画。どうぞご覧下さい!

出典 YouTube

アブネェェェ (゚Д゚) ェェェエエエ!!!

対向車線に停まる数台のバイク。

「何か事故でもあったのかな?」

と警戒する次郎白雲さん。

すると…

見通しの悪すぎるカーブから突然現れたのは

コチラに向かって歩いてくる一人のライダー!

これは危ない!!!

かなり減速していたから避けられたものの、もし、あの時、対向車線のライダーが「スピードを落とせ」という合図を送っていなかったら…おそらく正面衝突は必至!

これは、下手すれば死亡事故に繋がっていたかもしれませんね。

「あのサインはそういうことだったのか!!!」

ここでサインの本当の意味を知り、サインしてくれたライダーに感謝を述べる次郎白雲さん。なお、なぜ、あのような見通しの悪い場所でバイクを降りていたのかは不明ですが、何度見てもゾクッとする…衝撃の事故回避動画。次郎白雲さん、本当に事故らなくてよかったですね。

対向車線を走るライダーが送ったサインによって…救われた命。皆さんも、車やバイク、自転車を運転する際は、不測の事態に備え、十分気をつけて運転する事を心がけましょうね。

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス