記事提供:しらべぇ

学生の街「早稲田」に、美しいロシア人コスプレイヤーがメイドカフェを開店するらしい。そんなウワサを聞きつけ、しらべぇ編集部では昨日行なわれた店のオープニングパーティーへ取材へ。

コスプレイヤー美女がお出迎え

早稲田駅より徒歩2分。3番出口を出て左へ直進したビルの1階が「ItaCafe(イタカフェ)」だ。ガラス張りの入り口を開けると、メイド服の美女が出迎えてくれる。金色に輝くストレートヘアのウサギさん、チャーミングなカールヘアーのアリオさん。

クールな雰囲気の「ナスチャん」さんも、人気アニメ『ガールズ&パンツァー』のキャラコスで颯爽と登場。

彼女こそ、この店を立ち上げた人物である。

モスクワで経済の勉強をして銀行に務めていたものの、日本のアニメ文化への愛が抑えきれず1年半前に来日したという。

「カフェオープンに向けて、料理を練習しまくりました。超不安…。超コワイ。だけど…楽しみに食べて下サイ」

出典しらべぇ

緊張しているが、しっかりと意志が感じられる。

家庭料理がズラリ

今回のパーティーは、出店にあたり募ったクラウドファンディングに出資した人たちを対象にメニューの一部をふるまい、おもてなしする形式。

日本語学校の同級生だという3人は、和気あいあいとさっそく調理を開始する。

ロシアで正月や誕生日に食べられるという、ビーツがメインの野菜のマヨネーズ和えや…

定番の「ボルシチ」も。

サワークリームも客の好みにあわせメイドが足していく。

ピーマンの中にトマトやタマネギやにんにく、肉を詰めたという料理は見た目も美しい。

千葉県から来たという会社員の男性は、彼女たちの存在をSNSを通じて知ったという。

はるばるロシアから来て店を立ち上げたいという気持ちに感動しつつ、大変なこともあるだろう…そう思いクラウドファンディングに協力したそう。ときどき笑い声が響くなか、アットホームな空気感でパーティーは進行されていく。

彼女たちの今後をかけた戦い

店舗の運営に協力しているマネージャーの話によると、

「彼女たちは半年後に日本語学校を卒業し、一旦学生ビザが切れます。そこから就労ビザを取得することは非常に大変ですが、自分たちでこうした店を立ち上げ盛り上げることで認められ、大好きな日本にずっといられるかもしれない。

そうした彼女たちの社会的背景もあり本気なんです。華やかさだけでなく、彼女たちの『日本への愛』や勇気、願いが込められていますし、ひとりでも多くのお客様に楽しんでいただければ」

出典しらべぇ

とのこと。今後は定期的にイベントを実施し初音ミクなどのコスもしたいと「ナスチャん」さん。

こんな姿が生で見られるかも。目の保養にぜひ行ってみては?

【ItaCafe】
住所:東京都新宿区. 早稲田町67早稲田クローバービル1F
営業時間:平日8:00~24:00 (メイドがいる時間は15:00~20:00)
土日祝8:00~24:00(メイドがいる時間は10:00~21:00)
チャージ料金:400円
定休日:無休

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス