子供相手に性行為を求める非道な人間を許してはいけないと、2014年の10月30日から「Dark Justice(闇の正義)」という小児性犯罪撲滅チームがイギリス北東部ニューカッスルに拠点を置き、ネット世界に広がる小児性犯罪者の捕獲に当たっています。

新たな犠牲者を出す前に何としてでも捕獲したい

Licensed by gettyimages ®

これまでの2年間で「Dark Justice」が警察に引き渡し逮捕となった小児性犯罪者の数は64人。そのうちの34人が既に有罪判決を受けています。そしてこのほど、また新たな小児性愛者の逮捕に協力することができました。

増え続ける小児性犯罪を何とかして犠牲者を生み出す前に確保したいという気持ちで、2人の主要メンバーは日々アンテナを張り巡らせています。

逮捕された40歳のリチャード・ヒューイット

Pinned from metro.co.uk

インターネットで知り合った13歳の少女と性行為に及ぶ目的で、322kmもの距離を4時間もかけていそいそと車を走らせたリチャード・ヒューイット(40歳)。実はこの13歳の少女は「Dark Justice」メンバーが小児性愛者を捕獲するために作り上げた架空の人物でした。

そうとは知らずにニューカッスルまでやって来たヒューイット被告。同被告は、自分を22歳と名乗り、架空の13歳の少女に対し「僕が君の初めての相手になるよ」「裸の写真を送って」などと、卑猥なメッセージをスマホで送っていたことも明らかになっています。

13歳の子供とのセックスを楽しみにしてやってきたヒューイット被告を待ち構えていたのは「Dark Justice」のメンバーでした。逃げられないように同被告の車を取材の車でブロックし、カメラを回しながら問い詰めると「知らない。俺は何もやってない!」と連呼。

証拠のスマホを叩き壊そうとした

Pinned from metro.co.uk

自分が犯罪を犯していなければ堂々としているのが普通です。でも、ヒューイット被告は取材チームに飛び掛かり、腕や指を噛むなどの行為を働いた様子。「見た目はそうでもないのに、まるでピットブルのような男だった」とメンバースタッフはヒューイット被告の隠れた狂暴性を語りました。

更には、証拠が収められているスマホを地面で叩き壊そうともしたという同被告。「知らない」ばかりを言う小児性犯罪者に「知らないワケないだろ!あんたは、13歳の子供とセックスするためにここまで来たんだろ!」と「Dark Justice」のメンバーに怒鳴られるも、決して認めようとはしなかったのですが、証拠は十分揃っており言い逃れはできずに逮捕となりました。

2007年以降「性犯罪防止命令」が出されていた男だった

Pinned from metro.co.uk

実はこのヒューイット被告は2007年に「性犯罪防止命令」が出されていた人物だったのです。同被告はこれまでに26件もの小児性犯罪で罰せられているという事実もメディアで明るみになりました。

問題なのは、今回のように未然に防ぐことができた場合は、裁判で数年の実刑判決しか下されず、刑務所を出てくればまた同じことの繰り返しという状況に。そのため市民は「性犯罪者は、たとえ未遂であっても最低でも10年は実刑が下されるべきだ」と怒りの声を寄せています。

今回の件に関して、「Dark Justice」のスタッフは「我々がネットに入って13歳の架空の人物を設定すると、すぐにヒューイット被告が声をかけて来た。そしてすぐに『会いたい』と話してきて、同日に車を走らせるという行動を取ったんだ」と話しています。

これまでの自分の犯罪歴から見ても、組織からマークされているという認識がじゅうぶんあるにも関わらず、そのリスクを冒してまでも13の少女と性行為に及ぼうという欲望はもはや人間のそれを超えた鬼畜のものでしかないでしょう。

裁判では小声になって「すみません」や「助けがいる」などと発言していたというヒューイット被告。この先、何年の判決が下されるのかはまだわかりませんが、過去のようにたった数年というのは甘すぎるという気が否めません。

増え続ける小児性犯罪

Licensed by gettyimages ®

子供を持つ親としては、こうした小児性愛者がどこに隠れているかと思うととてつもなく不安になります。逮捕の数は氷山の一角。有罪判決を受けても同じ犯罪を繰り返すその確率の高さ…。警察や「Dark Justice」のような小児性犯罪撲滅チームが一丸となって、小児性犯罪を取り締まっていても、まだまだ底なしといった状態でしょう。

小さな子供は、まだ親の目がありますが10代になって来るとネットの世界からも悪の手が伸びてきます。大切な子供を守るために親が普段からできること…例えば子供とのコミュニケーションやネット使用についてのルールを決めるなど、しっかりと親子関係を深めて、一緒になって小児性犯罪に立ち向かわなければならないのではないでしょうか。

小児性犯罪に関する記事です。こちらも併せてどうぞ

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス