飛行機に乗る時、機内でのあなたのお供は何ですか?筆者は本を読んだり映画を見たりしています。中にはゲームをしている子供やSUDOKUを解いている人、そしてひたすら寝ている人もいますが、中にはヨガをしたりする人もいるようで…。隣の席に座っ見知らぬ乗客がいきなりヨガをし出したら誰でも驚きますよね。

でも、隣に座っているのが人ではなくアヒルだったら…もっと驚きです。このほど、アヒルが自分の座席の横に座っていたという貴重な体験をした男性が、ツイッターにその様子を投稿するとたちまち話題になりました。

それは10月17日の出来事

作家のマーク・エッシングさんは、17日にノースカロライナ州のシャーロット・ダグラス国際空港から同州のアッシュビル空港へ向かう便に乗りました。すると自分の座席の隣にアヒルが座っていたのです。

アヒルを同行している女性に、このアヒルは「ダニエル」というオスのアヒルで、このアヒルがただのアヒルではなく「セラピーダック」なのだということをマークさんは伝えられました。

感情支援動物のダニエル、4歳

セラピー犬やセラピー猫がいるように、心に深い傷を負った人たち、もしくは自閉症の人たちの感情をサポートする目的で特別に訓練された動物の中には、ダニエルのようにアヒルもいるのだそう。

ダニエルは機内に搭乗する前からオムツを付けていて、機内では赤い靴を履いていたとマークさんはツイートしています。同行者にとっては、ダニエルは癒しの存在に他なりませんが、他の乗客にとってはただの動物。不愉快なことがあってはならないようにと、このサポートダックにはきちんと躾がされている様子。

マークさんによると、ダニエルは終始大人しく、同行者の女性の側にいたということで、その光景を見た周りの乗客もなんだか癒されたような雰囲気だったと言います。

ABCニュースでは、ダニエルを同行した搭乗客はカーラ・フィッツジェラルドさんという37歳の女性で、2013年に事故に遭って以来PTSD(心的外傷後ストレス障害)になってしまったカーラさんを、ダニエルが癒しているために今回、事故以来初めてとなった飛行機にも、医師からの診断書を航空会社に見せて特別の許可を得て搭乗したということです。

これまで、数えきれないほどダニエルに癒されてきたというカーラさん。「ダニエルは、私がパニック障害を起こしそうになった時にもすぐ気付いてくれます。そして足を私の胸に当てて、横になるように指示してくれるのです。」

カーラさんのパートナーとして生きるダニエル

「まるで窓から雲を見ているようだ」とマークさんはツイートしました。ダニエルは、セラピーダックとして常にカーラさんと行動を共にしています。今回の搭乗にも、ベビーカーに乗ってやってきたダニエル。

「ベビーカーにアヒルが乗ってる!」

カイルさんという女性も、搭乗口でベビーカーに乗ったダニエルを見つけツイートしています。「飛行機の旅が初めてです」というメモもベビーカーに貼られていた様子。セラピーダックというアヒルが存在しても、普段あまり目にすることのない人たちにとっては、きっと驚きの光景だったことでしょう。

物珍しい光景に、搭乗客は相手になろうとした人もいたようですが、こうしたサポート動物は、盲導犬と同じで仕事をしている最中なのです。ダニエルは自分の仕事の役目をきっちりと知っているようで、静かにカーラさんの側にいたとマークさんは語っています。

犬猫だけではなく、やはり「動物」という存在は私たち人間の心の大きな癒しになるのだということがこのサポートダックのダニエルを見ていてもわかりますね。現在、カーラさんが心穏やかに毎日を過ごせるのはダニエルがいるから。

動物と人との絆は、私たち自身が思っているよりもずっと深いものなのでしょう。だからこそ、動物虐待を許してはならないのです。ダニエルも、他のセラピー犬も人の心を癒し救ってくれる大切な存在。世の中から「虐待」がなくなり、動物と人がこんな風に優しく共存し合える世界になることを強く願わずにはいられません。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス