“ミレニアル世代“によるNEOトーキョー・フィールドワーク・マガジン「SILLY」が、社会に埋もれた20代の声を代弁するコーナー「アノニマスリポート」。凝り固まった価値観を壊され、新たな自分に出逢った女性のお話。 

・・・・・

どうして自分ばかり――彼女は幼い頃、ずっとそんなことばかり思っていた。

「不仲な両親の離婚と、異父兄弟との軋轢のなかで育った私は、いつも損な役まわりばかりでした。家のなかでは存在を消すように息をひそめていました」

子どもは生まれ落ちる場所や家族を選べない。だからその状況を受け入れて生きていくしかないと思ってきたが、それは違っていた。どんな環境に生まれようと、その後の環境は自分で選び取ることができるのだ。生まれ育った小さなコミュニティの外に目を向け、異文化を感じたとき、彼女を閉じ込めていた小さな殻が壊れていった。

「そのとき初めて、私が私という人格に出会えたんです」

出典SILLY編集部

「生まれてこなければよかった」そう感じていた幼少の頃

今回の主役は、現在大学2年生で20歳の女性。幼少時代から複雑な家庭環境で暮らしづらさを感じながら育ってきたというが、そんなふうに育ったことが想像つかないほど、今の彼女はとても明るくて、大学生活を笑顔で自信たっぷりにハキハキと話しはじめた。

彼女の父親と母親が結婚するとき、母親には長女、長男、次女の三人の連れ子がいて、一番上の姉は当時10歳になっていた。彼女の家庭は、最近耳にすることも多くなったステップファミリーだった。けれど、兄弟にとって不在が多い新しい父親との生活は、母親と兄弟3人のそれまでの暮らしにあまり変化はなかった。

それが劇的に変わったのは、4番目の子どもとなる彼女の誕生からだった。

出典SILLY編集部

人格否定、学校でのいじめ… 落ち着ける場所ばかり探していた

兄弟にとって歯向かえない大人の父親より、小さくて弱いが絶対的に守られる妹の存在は、母親との暮らしを揺るがす脅威であり、疎ましかったのだろう。兄弟たちは、彼女を目の敵にしていたという。

「物心ついてから、姉たちに言動すべてを否定されてきました。『その考えはおかしい』『だからダメなんだ』と。でもしばらくして、兄弟が父と血のつながりがないことを知って、すべてが繋がったんです。私がダメなんじゃない。姉たちは、嫌いな父の血が流れている理由だけで、私を嫌っていたんです」

それを知って間もなく、彼女の家庭は、両親が離婚し崩壊した。

「その頃学校ではいじめられるようになりました。クラス中に無視されたり、上履きを隠されたり、体操着がなくなったり。もともとひとりで過ごすのは慣れていたから、あまり気になりませんでした。でも、失くなった物が出てこないと親に言わないといけないので、それは困りましたね」

彼女は当時を振り返ってそういった。まるで「不運には慣れている」と言わんばかりの口調は淡々としていた。

「父親がいなくなると、母親は昼も夜も仕事で、家にはあまりいなくなりました

それから子どもたちの生活は、一気に不安定なものになっていった。朝食はなくなり、その代わりに給食をたくさん食べた。夕食は総菜が用意されていたが、そこに母親の姿はない。兄弟が一緒に食事を摂ることもなく、ひとつ屋根の下で、みんながバラバラだった。そのうち、彼女は中学生になり、家出を繰り返した

「そんな生活をしていれば、もちろん悪くなりますよね(笑)。夜遊びや家出、お酒を飲んだりタバコを吸ったり、毎日そんなことばかりしてました」

出典SILLY編集部

このままじゃ人生終わり。 それだけは分かっていた

「でも、心のどこかで無理をしていたんです。嫌だと思っていたんだと思います。それで高校進学を考え始めた頃、すっぱりと悪いことはやめて、受験勉強を始めました

彼女は都立の高校に進学すると、そこで出会った友だちとこれから先の人生を変えるような出来事に出会った。

「高校2年のとき、友だちの誘いでNPO団体『ヤングアメリカンズ』のイベントに3日間参加したんです。高校生限定のイベントで、渋谷の会場には全国からたくさんの高校生が来ていました。私は知らない人たちとグループを作って、歌ったり踊ったり。最終日には、それぞれ友だちや家族を招待して、ステージで創作ダンスを踊ったんです」

幼い頃から自らを否定し続け、存在を消してきた。そんな彼女が仲間を作り、自分の存在をアピールしても咎められない場所に初めて出会った。それはとても刺激的で、同時に頑なだった何かが溶けていくような感覚があった。

出典SILLY編集部

その後、彼女は奨学金制度を利用して大学へ進学した。

「大学の国際交流の研修で、初めての海外、ラオスへ行きました。私はそこで出会った女の子に『ここでの生活は大変じゃない?』と尋ねました。すると女の子は『お母さんと一緒に働けてうれしい』と答えるんです」

少女のその笑顔には淀みがなく、とてもキラキラして見えたという。

「私は自分の小さな価値観で、ここに暮らす人たちを不幸だと勝手に決めつけ、下に見てしまっていると気づき、ハッとしました。幸か不幸かを決めるのは、他人の物差しではなく自分自身。そう思うと、今の私は自信をもって『幸せ』って言える?と、疑問が降りかかってきました」

初めての海外旅行で、固定概念を壊されることに快感を覚えた。今まで見ていたことは、もしかしたら世の中のほんの一部でしかないのかもしれない。「もっと見たい」「もっと知りたい」という思いをかきたてられるようになり、それから彼女は、できるだけその地の生活が見える、ディープなところを尋ねて歩いた。

「まだまだ、もっといろいろな国や地域に行ってみたいんです。来年は100日かけて100万円で世界一周をしようと計画しています」

出典SILLY編集部

人を変えるのではく、 まず自分が変わるということ

「以前は家族を置いて出ていった父親、父親と別れてパートで働き詰めになってる母親、私のことを否定しながら自分は高校を中退したり、定職にも就かなかったりする兄弟を内心バカにしていました。でもそれ以上に、自分も否定していた。だから負けたくない思いで、それらを反面教師にしてきたんです」

今までの原動力は、小さな枠にとらわれたネガティブな思いだった。けれど今は、そんな思いはどうでもよくなっていったという。

「世界に出ていろいろな人たちを知ったら、そんなちっぽけなことどうでもよくなってきました。私は大学で学びながら、今仲間たちと好きなことができている。今後はこの経験を生かせる仕事に就き、奨学金も返していこうと。そんなふうに将来を考えられるようになったら、私のなかで『家族』の存在が小さくなっていきました。家族を『嫌い』とちゃんと認められたら、逆に今はあまり嫌いじゃなくなってきたんです(笑)」


これからも彼女は世界中を巡り感じた多様性を、同じような境遇に置かれた下の世代へ伝えていきたいという。

「自分の価値観が変わるときって、すっごく気持ちのいいものなんだよ!と伝えてあげたいんです」

自分の殻を自分で壊すことは簡単にできることではない。しかし彼女は価値観を壊すという成功体験から、その快感を追い求め、まだ知らないことへ意識的に飛び込むことを続けている。


text : 赤荻 瑞穂(リベルタ) / Mizuho Akaogi
photographer : 延原優樹 / Yuki Nobuhara

この記事を書いたユーザー

SILLY 編集部 このユーザーの他の記事を見る

世界中で起こる最新イノベーションを テクノロジー、ガールズ、カルチャーの視点から
配信するミレニアルマガジン「SILLY」です。
https://silly.amebahypes.com/

得意ジャンル
  • インターネット
  • ライフハック
  • カルチャー
  • エンタメ
  • ファッション
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス