こんにちは!藤田シャケラッチョと申します。4歳の女の子と2歳の男の子と9歳のチワワの育児に奮闘中です。

我が家の長女は幼稚園の年中さん。今月で5歳です。

この5年の間に、娘のことは大体分かるようになってまいりました。
しかしまだまだ5歳。親でさえ「?」と思う発言もたくさんあります。

そこで今回は「子供のおもしろ珍発言」をまとめてみました。

目の付け所が想定外!

着眼点がちょっぴりズレている娘。
想定外の発言に驚かされることもしばしば。
この時はさすがに「そっちかよ!」と突っ込んでしまいました。


ちなみに肝心のおニューのシャツに対する反応は…薄かったです。

まさかの神頼み

神様へのお願いとサンタさんへのお願い…
子供には、それがどう違うのかなんてわからないでしょうが、ストレートに「欲しいもの」を要求された神様も、さそ驚かれたことでしょう。

とても素直なお願いごとに、思わず笑ってしまいました。

どっちでも嬉しい

パパの帰宅が早くても、遅くても、どちらにしても大喜びな娘。

早いか遅いかは関係なく、「パパが帰ってくること」が嬉しいのでしょう。

嬉しいことや楽しいことをたくさん見つけられる娘。


子供の無邪気な観点が羨ましく思えます。

子供の不思議…これで会話は成立してる?

ここで、不思議に思う事が「子供同士の会話」について。
きっと珍発言をしているのは同年代の子供も同じ事だと思うのですが、それで子供同士の会話は成り立っているのでしょうか?

幼稚園から帰宅した娘が「今日は◯◯ちゃんとお話しした」なんて言っていますが、実は噛み合ってないのでは…?

子供同士のガールズトーク、一体どんな珍発言が飛び交っているのやら…

子供の姿で仲間に入って、側で聞いてみたいものです。

きっとおもしろ珍発言連発に、突っ込まずにはいられないのでしょうけどね。

この記事を書いたユーザー

藤田シャケラッチョ このユーザーの他の記事を見る

大分県で一姫二太郎と、気の強いチワワを育てています。胞状奇胎という珍しい病気の後、子供を2人授かりました。趣味はブログで子供の成長を漫画にすることと温泉巡りです。

得意ジャンル
  • 音楽
  • インテリア
  • 動物
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • 育児
  • エンタメ
  • ファッション

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス