こんにちは!藤田シャケラッチョと申します。4歳の女の子と2歳の男の子と9歳のチワワの育児に奮闘中です。

お子さんのいる家庭だと、部屋のあちこちにオモチャが散乱している…という状況はよくあると思います。


我が家も例外ではなく、リビングから廊下、子供部屋、寝室…くまなくオモチャが散らかっております。

片付けても片付けても、どこからか散らかって行く部屋…不思議ですよね。


そこで今回は「子供のオモチャあるある」をご紹介します。

痛いオモチャをランキング

部屋が散らかっているというだけなら、そこまでの実害はありません。
しかし、これを踏んづけた場合、話は変わってきます。

オモチャの形状や、スリッパを履いている等の状況で変わってきますが、我が家のランキングはこんな感じです。

小さな部品など、不意打ちで踏んだ時の激痛!
無邪気な子供のミニカーパンチ!

オモチャの車で激突された時は、痛みのあまり声も出ません。

表裏一体アイロンビーズ

女の子に人気のアイロンビーズ。
我が家の娘もビーズ遊びが好きで、黙々と製作しています。

一つの作品にたくさんのビーズを使うため、大容量パックを購入してみたのですが、時々このようなハプニングに見舞われます。

ちなみに散らかったビーズは、掃除機の先端に排水口ネットを取り付けて吸うと、あっという間に片付くそうです。

トラップハウス

いくら片付けても、無限地獄のように散らかる部屋…
オモチャが散乱された状況に慣れてくると、感覚が麻痺してくるのか散らかってることに気がつかなくなってきます。
油断をしているそんな時、オモチャ散乱の実害が、家族以外に及ぶことも。


来客がある場合は「整頓センサー」を5割り増しくらいにしておく必要があります。

オモチャの数だけ痛みも豊富!

我が家は女の子と、男の子が1人ずつおります。
そのおかげでオモチャの種類は幅広く、バラエティ豊か。

女の子のオモチャは細かい部品が多く、踏んづけると危険。
男の子のオモチャは車輪の付いたものが多いのでこれは踏むと高確率で滑ります。
これも大変危険!

大人の私はよく踏んづけて痛がるのですが、散らかした当人たちはほとんど踏んづけることはありません。
やはり目線が低いからでしょうか?

ここまでオモチャを踏む事を前提に書いて参りましたが、要は踏まなくて済むように、片付けることが大事ですね。

散らかす事と片付ける事…

このイタチごっこはまだまだ続きそうです。

この記事を書いたユーザー

藤田シャケラッチョ このユーザーの他の記事を見る

大分県で一姫二太郎と、気の強いチワワを育てています。胞状奇胎という珍しい病気の後、子供を2人授かりました。趣味はブログで子供の成長を漫画にすることと温泉巡りです。

得意ジャンル
  • 音楽
  • インテリア
  • 動物
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • 育児
  • エンタメ
  • ファッション

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス