今はもう2016年なのにも関わらず、どうしてもどこかで毎日起こっている人種差別。宗教はもちろんのこと、肌の色でもまだまだ差別をする人はいます。

先日も、オーストラリアのケアンズにあるコーヒーショップ「Gloria Jeans(グロリア・ジーンズ)」で、1人の女性スタッフが差別を受けました。そしてその差別は何ともあからさまなものでした。

「白人スタッフに代わって」

Licensed by gettyimages ®

その車椅子の女性は、南スーダン出身で8歳の時からケアンズに移住しているジョージー・アジャックさんに「白人スタッフと代わってちょうだい」と発言したのです。

「差別は何度かもちろん受けるわ」

出典 https://www.facebook.com

ジョージーさんの肌の色は白人のそれではありませんが、ジョージーさんにとっては、長年暮らしているケアンズはもはや第二の故郷。

子供の頃、移住したての頃は「あなたは何故ここにいるの?」と子供たちからも肌の色に対しての差別もあったと言います。子供の頃には酷かった差別でしたが、ジョージーさんが成長すると、やはり時代も変わりあからさまな差別は少なくなったそう。とはいえ、肌の色への偏見はやはり何回かは感じたそうです。

「差別はなくならない」そうわかってはいても、やはり面と向かってこのような発言をされるとショックでしょう。しかし、ジョージーさんはその差別発言をした女性に、笑顔で「わかりました」と言い奥へ行って別のスタッフに事情を話しました。

店内のスタッフはその女性に…

Licensed by gettyimages ®

ジョージーさんから事情を聞いた店のスタッフは、この女性にそれは人種差別であること、そして人種差別をする客にはサービスを拒否することを伝えました。ジョージーさんは、カウンター内に戻り他の客にサービスを続けていましたが、その時にもその女性客はジョージーさんを睨みつけるような態度をしていたと言います。

車椅子女性から受けた人種差別に対し…

ジョージーさんの友人であるジェイドさんは、「ジョージーは最も親切な人の一人よ。ジョージーが受けた差別は彼女には値しないわ。あなたは車椅子利用者なのに、人種差別をする偏見を持っているのね」とFacebookに綴りました。

「障がい者であるならば、恐らく健常者よりも社会で困難な思いをすることもあるはず。車椅子利用者というだけで、偏見を持たれたりしたら嫌な気持ちになる時さえあるだろう。それなのに、人種差別をされる人の気持ちも考えずに、自ら平気で差別発言をするとはいかがなものか…」とジェイドさんは皮肉ったのです。

また、ジェイドさんはこの時のやり取りを見ていた別の女性客のこともFacebookに綴っています。「ステイシーさん、あなたはジョージーをサポートしてくれたそうね。とっても勇気があるわ。ありがとう!」

店側と客が、車椅子の女性に「あなたのその態度はあきらかな差別ですよ」と知らしめたのです。「そんな客にここでコーヒーを飲む価値はない」と…。

「みんな、今度このカフェに来てジョージーにハグしてあげて」

Licensed by gettyimages ®

更にジェイドさんは、Facebookでこんなふうにメッセージを伝えました。「ジョージーにハグして、ちょっと皮肉ってホワイトチョコレートをオーダーしてあげて。彼女の笑顔は素敵よ。みんな、会いに来てあげてね!」

たった一杯のコーヒーだからこそ美味しく飲みたい…

Licensed by gettyimages ®

世の中、差別はなくならないと諦める気持ちがジョージーさんにあるように、きっと他の人の心の中にもあるかも知れません。それでも、差別をする客にはサービスしないという態度を取った店側がとても素敵。

わざわざお店に行って、お金を払って飲むコーヒー。サービスする人が黒人でも白人でも関係ありません。そんなことにこだわったらせっかくのコーヒーが美味しくなくなってしまうことでしょう。

自分の価値を下げる差別発言をするよりも、たった一杯のコーヒーを美味しく味わってほしい。ジョージーさんのような明るい笑顔でサービスされると、心がホッとするという人も少なくないはず。世間の差別に負けず、ジョージーさんにはこれからも素敵なサービスをして欲しいですね!

こちらも併せてどうぞ

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス