記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
ダイエットは女性の永遠のテーマと言えますが、世の中には医師が警鐘を鳴らす危険なダイエットがあります。

近年話題に上がっている「ソルトウォーターバッシング(塩水洗浄)」といったダイエット法もその1つです。

体調悪化や摂食障害の危険性もある「医師が警告する危ないダイエット」について、解説をしていただきました。

ソルトウォーターバッシング(塩水洗浄)とは

大量の食塩水を短時間で飲み、便の排泄を促すというものでダイエット法として紹介され、実行されている方がいらっしゃるようです。

ソルトウォーターバッシングの危険性

【胃に大きな負担がかかる】
一気に大量の水を飲むことによって胃の内圧が上昇し、嘔気や嘔吐、場合によっては嘔吐によって食道の下部が裂けて出血してしまうマロリーワイス症候群を起こしてしまう場合もあります

【食塩の取りすぎにより、腎臓に負担がかかる】
むくみの原因になることもあります

【心臓に負担がかかる】
大量の塩分が体内に入り、吸収されることによって循環器系にも負担を与える可能性もあります

その他にもある、医師が選ぶ危険なダイエット方法

【断食または極端な食事制限】
極端にカロリーを減らすやり方は、健康的でないだけでなくリバウンドも起こしやすくなります

【ばっかり食べダイエット】
リンゴだけ、ところてんだけを食べ続けるといったダイエットも体調を崩し、肌荒れなどを起こす原因になります

【下剤や利尿剤の濫用】
こちらも体内の電解質のバランスが乱れたりして危険なダイエット法です

【極端な糖質や脂質の制限】
完全に糖質や脂質を避けるというやり方も、必要な栄養素が体内で不足してしまうことになり危険なやり方です

【自己誘発性嘔吐】
体重が増えたくない、太りたくない一心で、時には自分で指をのどの奥に入れたり、水を飲むなどして嘔吐してしまう方もいます

これは非常に体に負担のかかる方法であり、そこまで体重に執着してしまう状態は摂食障害になってしまっている疑いもあります

≪肥満の原因は生活習慣に隠れていることが多いのです≫
なかなか痩せられない理由、知りたい?【痩せない生活習慣】チェック

急激なダイエットによる健康被害

【貧血】
ただでさえ女性は生理などの影響で貧血になりやすい傾向がありますから、ダイエットで十分鉄分などが取れていないと貧血になってしまう可能性は十分あります

【生理不順や月経の停止】
急激な体重減少によって出てくる身体の危険信号として、生理の変化があります。生理の周期が大きく乱れたり、無月経になってしまうなどはダイエットで体に無理がかかっていることの一つのサインかもしれません。

【精神的な不安定】
空腹でイライラしたり、不安感が強まったり、精神的に不安定になってしまってはダイエットどころか、健康も損なうことがありますね。

【お肌や髪の毛の変化】
肌がカサカサしたり、低体重や栄養失調の状態になると体毛が濃くなったりすることもあります。

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス