犬にはお気に入りのおもちゃがあるとよく聞きますが、米オハイオ州にキム・ダウニーさんと暮らしているゴールデン・レトリーバーのモヒート・ローズは、どうやらたくさんのお気に入りがある様子。

セラピー犬のモヒート、3歳

瞑らな瞳が犬好きにとってはたまらないですね。モヒート・ローズは現在3歳で可愛い盛り。飼い主のキムさんによると、ここ1年半ほど、モヒート・ローズは毎晩、2階にある自分の寝床に違うぬいぐるみを持って上がってくるのだそう。

たっぷりのコレクションの中から1個だけ…

キムさんによると、犬猫のおもちゃを扱うショップ「BarkBox」から毎月新しいおもちゃが送られてくるのだとか。だからこんなふうに毎日違うぬいぐるみを加えて、せっせと寝床へやってくるのですって。

ふふ、バーガーくわえてます。寝床で食べる気でしょうか。

専門家によると、犬には新しいものを好む「ネオフェリア」という性質があるのだそう。

ネオフィリア(neophilia)とは犬の持つ新しいものを好む傾向のことを意味します。17頭の犬を対象に行われた実験では、なじみのあるおもちゃ2つと真新しいおもちゃ1つを提示されたとき、50回中38回は、新しいおもちゃを真っ先に選んだといいます。このことから研究者は、「犬の祖先が人間に近づこうとしたのは、このネオフィリアという特性があったからではないか」と推測しています。

出典 http://www.koinuno-heya.com

モヒート・ローズは最近セラピー犬になったばかり。自分が寝床へ行くためにおもちゃを運ぶ姿を見ているだけでもじゅうぶん癒されますね。

黒猫のヴェイダーとも仲良し

同居人のヴェイダーにも癒しを与えるのが上手な(?)モヒート・ローズ。寝るときはもちろんおもちゃも一緒に。

ふふ、気持ちよさそう

ぬいぐるみの下敷きになっているヴェイダーの表情もまたイイですね。

自分が寝床に持っていくおもちゃにはモヒート・ローズなりのこだわりがあるようだとキムさんは笑います。「私が勝手に2階から持って降りても、自分が持って降りる時になるまでは、また2階に持って上がるんです。そして自分のタイミングで下に持って降りて、寝る前に違うおもちゃを持って上がってくるんですよ。」

その日のお気に入りを見つけるまで探す

毎晩持って寝るおもちゃは、その時目に入ったものではなく「今日はアレにしよう」と決めているようで、そのおもちゃが見つかるまで家中を探し回るのだそう。どんな気分で一つ一つのおもちゃを選んでいるのでしょうね。

食にもこだわりがあるようです

キムさんが「お腹空いた?」とレタスをあげようとしても知らん顔。「ドレッシング付けてほしいの?」と言ったキムさんが、ドレッシングを付けたレタスをあげるとパクリ。モヒート・ローズはどうやら食にもこだわりがあるようです(笑)

おしゃれにもこだわりが♡

飼い主キムさんとのツーショット。おそろいのスカーフをしたりヘアアクセをしたり、Instagramには癒しどころ満載のモヒート・ローズの写真がたくさん。フォロワーは現在58,200人ほどですが、きっとみなさんこのモヒート・ローズのほんわかした表情に癒されているのでしょうね。

おやすみ、良い夢を…

犬とイケメン、犬と赤ちゃんもゴールデンコンビですが、犬とおもちゃもかなりキュート。犬が大好きな方は、是非モヒート・ローズのInstagramへどうぞ。可愛すぎて悶絶必至です‼

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス