うのたろうです。
品薄です。最近なんでもかんでも品薄です。
ぼくの場合、先日ユニクロにフリースを買いにいったら、ほしい色のほしいサイズだけがぽっかりと売り切れていました。まあ、そんなものです。だいたい。

さて。
本日はそんな品薄のお話し。
だけど、題材は洋服じゃなくて食品。

最近の新商品は発売直後から品薄で、その日のうちに売り切れるみたいなことが定例化しているような気がします。

たとえば、2016年9月12日に発売された日清のカップヌードル「謎肉10倍祭」
この商品も一気に売れてしまい、店頭で姿を見ることがなく、なんと3日後の2016年9月15日には一時販売休止していました。そして約1ヶ月以上の時間を経て、2016年10月24日にようやく販売が再開されました。それがこちら……

日清「カップヌードル謎肉祭」

こんな感じで品薄なんです。
なんでもかんでも品薄なんです。たとえば、ほかにも……

①2015年3月/サントリー「レモンジーナ」

記憶に新しいのはレモンジーナ。
サントリーの大人気炭酸飲料「オランジーナ」のヴァリエーションとして2015年3月に発売されました。

が、しかし。
あっというまに姿を消してしまいまいた。

この商品が人気がでた理由は、大人気オランジーナ初の新フレーバーということのほかに当時「レモンジーナは疲れているときにのむと土の味がする」というウワサがでたからです。

じつは、同時、ぼくも検証してそれについてのレヴューを書きました。
この土の味の原因は「クエン酸」なのですが、実際に飲んで試してみようと思った方がぼく意外にもたくさんいたために、品薄状態になってしまったのだと考えられます。

当時の記事はこちらです。

ちなみに。
現在は、土の味がしないようにとバージョンアップさせた「ハニーレモンジーナ」が販売されているため、このレモンジーナは生産を終了してしまっています。

そしてさらに品薄といえば……

②2015年4月/サントリー「ヨーグリーナ」

またサントリーです。
じつはサントリーの人気のミネラルウォーター「南アルプスの天然水」から発売されたヨーグリーナも発売後たった3日間で売り切れになってしまっていました。

レモンジーナの品切れから1カ月後のことです。
ここまで連続すると、さすがにユーザーもガマンができなくなってきてしまって、SNSで「品薄商法であおっている」という声もたくさんきこえていました。

この声に対しては、サントリーは2015年4月17日に会見をひらいて、事情の説明をおこなっていたので記憶に残っている方も多いのではないでしょうか?

ヨーグリーナが売り切れた理由は、単純に「めちゃくちゃおいしかったから」だと個人的には思っています。

ぼくはたまたま近所のスーパーで発売日前日に入手できたのですが、とんでもなくおいしくて衝撃を受けたことを覚えています。

ちなみに。
売り切れが続出しているのはジュースだけではありません。たとえば……

③2015年2月24日/ハーゲンダッツ「華もち」シリーズ

日付けが前後してしまいますが、商品の品薄はアイス業界にも多数あります。
たとえば、ちょっぴりお高い高級アイスのハーゲンダッツも売れすぎて品薄状態になってしまったシリーズがあります。それがハーゲンダッツ ミニカップ「華もち」の2種類です。

・きなこ黒みつ
・みたらし胡桃

どちらもすぐに売り切れて、そのまま約10ヶ月が経過。2015年12月8日にようやく販売再開ということになったのです。

ハーゲンダッツの人気商品は、この商品を境に品薄になるというイメージがつきました。
これも理由は「みんなの心をひきつけるみんなが好きな味」だったからというのが理由だと考えます。

ハーゲンダッツ+和

これがとくに女子の心をつかんでいます。
またハーゲンダッツの商品はセブンイレブンとの共同開発シリーズである「ジャポネ」シリーズも、発売するたびにすぐに売り切れてしまいますのでチェックが必要です。そしてみんなが大好きなアイスといえば……

④2012年9月4日/ガリガリ君リッチ「コーンポタージュ」

ガリガリ君リッチのコーンポタージュ味も品薄になったことを覚えている方は多いのではないでしょうか?

もうこれ4年もまえのできごとなんですね。
ちょっとびっくりです。

これはちょうど「ガリガリ君ブーム」が世間であったことと「怖いもの見たさ」が原因で品薄状態になったと考えられます。

当時、ちまたでは「ガリガリ君」という単語をきかないくらいガリガリ君がブームになっていました。

「好きなアイスは?」の問いに、誰も彼もが胸を張って「ガリガリ君」とこたえていたような覚えがあります。
そんなガリガリ君のいわゆる「ヘンタイ味」シリーズの代表として君臨するのがこの「コーンポタージュ味」なのです。ガリガリ君は、昔からときどきこういう通常では考えられないようなヘンタイな味をリリースして、ユーザーをとまどわせてくれます(褒め言葉)。

ぼくは子どものころに食べた「シトラス系」のシリーズに衝撃を受けました。
しかもこのシトラス系のシリーズは真冬の寒いさなかに2連続でリリースされました。

と。
少々脱線してしまいましたが、そんなヘンテコな味を一度食べてみたいと思うユーザーが多くいたうえ、SNSなどでも話題になっていたために品薄になったのだと考えられます。

ちなみに。
ガリガリ君はその後も「ナポリタン味」など定期的にヘンタイな味をリリースして、ぼくたちユーザーをとまどわせて楽しませてくれます。

⑤2016年4月6日/マクドナルド「グランドビッグマック」

そして最後はマクドナルドの品薄商品。
じつはマクドナルドでも人気商品は、販売期間内であるにもかかわらず早期終了してしまう期間限定商品が多数あります。

そのなかのひとつである「グランドビッグマック」は発売直後から売り切れ店が続出してしまい、やはり3日後には数量限定販売にしたりといろいろな方策を立てました。しかし、それでも売れ続け、販売期間がかなり短かったため食べられなかった方も多いのではないでしょうか。

この商品の品薄の理由は「ひさしぶりのマクドナルドらしい商品」がリリースされたためだと思われます。

マクドナルド=ジャンクフード

こんな印象を持っている方は少なくありません。
それにもかかわらず、近年のマクドナルドはヘルシー路線や女性客目線に立った商品展開をとりすぎていました。

そのため、既存の客層が離れていってしまった印象があります。
しかし、この「マクドナルドらしい」商品がリリースされたことで、ジャンクフードファンが戻ってきたからと考えられます。

これが、この商品が品薄状態になってしまった理由なのではないでしょうか。

まとめ

こうやってみると、ジュースやアイスがとくに品薄になってしまう傾向にあるようです。
スナック菓子などではあまり品薄という単語をきかないので、限定商品好きは、ぜひジュース&アイスをチェックしてみてください。

そして。
品薄の商品といえばもうひとつ。

ローソン「安納芋まん」

こちらは2014年から毎年、期間限定でリリースされるローソンの中華まんの限定商品なのですが、発売するたびに数日で売り切れてしまう商品です。

こちらの人気の理由は「かわいい見た目とやさしい甘さ」です。ピンク色の皮のなかに黄色い餡がはいっていて、さらには安納芋をダイス状にカットしたものもたくさんはいっている商品です。

大きな話題にはなっていませんが、ぜひこちらもチェックしてみてください。

限定商品大好き。
うのたろうでした。

この記事を書いたユーザー

うのたろう このユーザーの他の記事を見る

Spotlight公式ライター/プラチナユーザー。ライターしたり小説書いたりしています。ライターのお仕事は随時受け付け中です。サンプル文章はこちらにもあります。http://unotarou.com/
きてくれた、すべての人を、愛しています。
【twitter】@unotarou

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス