折り紙みたいな「計量スプーン」

出典 http://9prodlums.tumblr.com

折り紙スプーンとも言われているコチラのアイテム。いったいなんだか分かりますか?


これは、れっきとした計量スプーン。今まで見たこともない角ばった印象がありますが、使いやすいのでしょうか?

「Polygons」という計量スプーン

出典 http://gizmodo.com

この「Polygons」と呼ばれる計量スプーンは、現代の最新の調理器具です。見ただけでは、あまり使いやすいとは言えない印象??

でも実は違うんです。


よく見ると、手で持つ前は、なんと平ら。サっと持ち手部分を持ち上げると、三角の計量スプーンに大変身。

さらに、平らな状態のときに見えるうっすらとした線や数字。これが使用したい分量となります。

1つで何役も!?

出典 http://gizmodo.com

その持って折り曲げる部分によって、計量スプーンの量が変わります。これはびっくりですね。

種類は写真のように、「テーブルスプーン(日本の大さじとほぼ同量)」と「ティースプーン(日本の小さじとほぼ同量)」の2種類です。それぞれ持って折り曲げる位置によって、半量になったり倍になったりします。

出典 https://www.kickstarter.com

なんだかとっても便利な印象が伺えますが、使いやすいのでしょうか?


この「Polygons」のスゴいところは、液体やハチミツなどの粘着性のあるもの、粉類などに使えます。つまり液体でも隙間からこぼれることなくすくえてしまいます。

出典 http://www.core77.com

すくったソースなども、三角の形状がこぼすことなく、注ぎ入れてくれます。


この使いやすさはピカイチ!

便利さは折り紙付き!

出典 http://9prodlums.tumblr.com

計量スプーンと言えば、小さなスプーン状の部分が洗いにくいですよね。でもこれは、平らになりますので、とっても洗いやすい。手早く洗えるので、水・洗剤・時間・エネルギーの節約につながります。

さらに、平らだと収納にも便利。本の間にしおりみたいに出来ちゃうくらい薄いんです!これなら、キッチンの小さな引き出しでも場所を取りません。

もう1つ、素晴らしいのは、ハチミツなどのねっとりした食材でも、スプーンに残ってしまった分は、瓶の縁でこすり落とすことも可能。食材を無駄にしません。

出典 http://9prodlums.tumblr.com

元々線と折り目が付いていますので、使いたい量のところを持ち上げると、サっとその分量になります。まるで折り紙ですね。

やっぱりあの「Kickstarter」に登場!

出典 https://www.entrepreneur.com

こちらの斬新アイテム「Polygons」は、クラウドファンディングである「Kickstarter」で、支援者を募集しています。

現段階では、10,000人以上の支援者が、目標金額$10,000のところ、$330,000以上もの金額が集まっています。

出典 https://www.kickstarter.com

商品化する前の、びっくりアイテムが勢揃いしている「Kickstarter」ですが、この「Polygons」も近い将来の大人気キッチンアイテムになること、間違いないでしょうね。

こまごまと計量スプーンを持っているより、これ1つで計量に関してはバッチリなのが、現代的。

皆さんもいち早く目を付けてみましょう♪

この記事を書いたユーザー

シロクマInTheSky このユーザーの他の記事を見る

Spotlightプラチナライターとして執筆しています。日々の生活に役立つ情報をどんどんネット配信していきたいと思います♪日本も含め、海外などあちこちに出没しています(笑)世界中のいろんな記事を書いていきたいと思います(^_-)

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • ライフハック
  • 暮らし
  • カルチャー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス