記事提供:Techinsight

指原莉乃と言えばアイドルでありながら恋愛トークや下ネタも平気で話すキャラクターで知られる。しかし彼女もはじめからそうだったわけではない。

バラエティ番組で「スキャンダル報道を機に考え方が変化した」ことを話すと、恋愛観について早速「ヒモ大歓迎」とぶっちゃけた。

10月15日放送のトークバラエティ番組『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)に出演した指原莉乃。収録ながら少し遅れて登場した彼女に、MCの久本雅美が大忙しだろうと気遣う。

しかし指原自身が「忙しくて寝る間もない」という状況を嫌うため、夜12時には寝る準備ができて7~9時間程度は眠れているそうだ。

そんな彼女に「アイドルらしからぬ発言が多い」との噂を確認したところ、スキャンダル報道によってHKT48へ移籍したが、その前のAKB48時代には「なんだか分かんないけど、男が嫌いな設定」だったと振り返る。

当時はアイドルとはそういうものだと思っており、ファンにも「男性が苦手だ」と言っていた。ところがスキャンダル報道があり、それ以降は「言いすぎない程度に本当のことを話したほうが、応援してくれる人がいるのではないか」と考えが変わったという。

今となっては「山崎賢人くんが好きって言えて気持ちいいからいいや」と笑えるようになった。また、「下ネタもけっこう好きなんです」と言いながらもルールを決めている。

グループで活動する時はアイドルに徹して、ソロの時だけ太田プロの人間として出ているので下ネタを話すという。

アイドルの間は恋愛禁止の指原も「いつか好きな人は欲しい」と思っており、理想の相手について「恋愛したらずっと家にいて欲しい」「ヒモ大歓迎」と言い出して周囲を固まらせた。

「私が一生懸命働くので、家にいてくれればいい」「飲み歩かないで家にずっといる人がいい」と続ける彼女に、久本が「ずっとゲームしたりネットをやってる人だよ」と指摘しても「一緒にいて楽しかったらいい、とにかく家にいて欲しい」と主張する。

それまで微笑みながら物静かに聞いていたゲストの檀れいが「大丈夫か?」と優しい声で心配したほどである。

相手の男性がプー太郎でも家にいて欲しいのは「浮気されたくない」こともあるようだ。

ところが、SPEED・島袋寛子と婚約して幸せいっぱいの早乙女友貴は男性の視点から「嫌ですね!まずその(ヒモの)感覚になったことがないけど、どんどんダメ男になりそうな気がします」「たぶん、逆に浮気すると思いますよ」と意見して「そんなことない!」と指原に睨まれてしまう。

スキャンダル報道があったとはいえ、指原莉乃の恋愛経験は少ないはずだ。いつの日かアイドルを卒業したら、少しずつ男性を見る目を養ってから相手を見つけた方が良いかもしれない。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス