記事提供:日刊大衆

タレントの岡田結実(16)が、東京・日枝神社の、6代目広報大使に就任した。10月13日に行われた任命式で、父でお笑いタレントの岡田圭右(47)について語り、「なんていい子!」と感動を呼んでいる。

人気急上昇中の結実は、モデルとして活躍するだけでなく数々のバラエティ番組にも出演。さらに10月17日から放送される住宅情報サイト「HOME'S」の新CMでCMデビューするなど、女優としても躍進を続けている。

そんな忙しい日々が続いている彼女に、この日の任命式で報道陣から「そろそろ一家の稼ぎ頭になるのでは?」という質問が投げかけられると、岡田は「いえいえ、お父さんにたくさん稼いでもらってる」とコメント。

さらに、この日の朝も「お父さんから“ちゃんと起きなさい”と怒られました」と普段はシュールな一発ギャグが売りの岡田圭右の、意外なエピソードも語っていた。

二世タレントとなると、親子といえどもいろいろと溝もありそうなものだが、彼女の言葉はそれを一切感じさせず、むしろ芸能人の先輩として尊敬していることを常々公言している。

この姿勢が世間からも評価されており、今回の任命式についてもSNSなどで「いつでもきちんと父親をたてるいい娘だよな」「いろんなところでこんなふうに娘に慕ってもらって、父親として絶対幸せだよ」「娘に結実ちゃんの爪の垢を煎じて飲ませてやりたい…」と、おもに父親世代からの絶賛コメントが相次いだ。

「岡田結実はもともと二世であることを隠して、子役モデルとして活躍してきました。その後、父の持ちネタ“閉店ガラガラ”や“ワァオ!”などを全力でやりきるキャラがウケて、一気にブレイクしたんですよね。肝心の岡田圭右は“共演絶対NG”という姿勢を貫いてまして、バラエティ番組で娘の話をすることもありません。その分、娘の口から父親の意外な一面が語られるわけなんですが、それが結果的に岡田結実の素直さと岡田圭右のまじめさを世間に伝えることに成功しているんですよね」(芸能誌記者)

来年には『傷だらけの悪魔』で映画デビューを果たし、女優としても活躍し始める結実。「“笑いを取れる女優”になりたいです」とも語っており、しっかりと父親の血を受け継いでいるようで、これからの成長も楽しみだ。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス