うのたろうです。
ラーメンに指がはいっていたら、どうしますか?
昭和の漫画のように店主がスープのなかに指をつっこんで客に提供するなんてシチュエーションじゃありません。読んで字のごとく「ラーメンのなかに切断された人の指がはいっていた」という意味です。

ラーメンに人の指――
ちょいとホラーかアウトレイジの世界です。

そんな事件がじっさいにありました。
2016年10月、大人気ラーメンチェーン「幸楽苑」のラーメンに人の指が混入していたとニュースになっています。

ラーメンに指――

どうしてこんなものが混入してしまったのでしょうか?
その理由や原因をご説明いたします。そして日本や世界で過去に本当に起こった異物混入事件についてのお話しをいたします……

幸楽苑のラーメンに「人の指」概要は?

2016年10月12日のニュースです。
静岡市清水区にある人気ラーメンチェーン店「幸楽苑」の静岡清水インター店という店舗で、それは起こりました。なんと「幸楽苑」がお客さんに提供したラーメンに人の指がはいっていたのです。

もっとも指といっても、全体がゴロっとはいっていたわけではありません。はいっていた部位は親指の先っぽの部分(しかも爪付き!)。長さは約7mm~8mm、幅約1cmということです。

この指の持ちぬしは、同店舗のパート従業員のものだったそうです。
指が切断され混入してしまった原因は、事件ではなく事故だそうです。このパート従業員の方は仕込みのさいにチャーシューをスライサーでスライスしていたときに指を切ってしまったそうです。

その指が調理過程でラーメンのスープのなかに混入してしまい、それがそのままお客さんに提供されてしまったということです。

その後はきちんと保健所がはいり確認や指導をおこないました。また指を怪我してしまった従業員に感染症などの疑いはないそうです。

これが幸楽苑の指混入事件の詳細です。こういった事故による異物混入は、飲食ではどうしても避けて通れない部分があったりします。そして、食品に混入してしまうものは人の指だけではありません。過去に異物混入で話題になったものはたくさんあります。たとえば……

ぺヤングに○○○○

記憶に新しい異物混入事件といえば「ぺヤング」です。話題になったのは2015年5月。ぺヤングファンの男性がTwitterでつぶやいたことで発覚しました。

もとのツイートはすでに削除されていますが、この異物混入は大きなニュースになり、工場は一時閉鎖。ぺヤングの生産がストップしてしまい品薄になってしまったほどです。そしてそのときのツイート画像がネットで拡散されました。

異物としてはいっていたものはゴキブリ。人によっては泣き叫ぶほどに衝撃を受けてしまう異物混入でした。また、ほかに有名な異物混入といえば……

マクドナルドの一連の……

こちらも記憶に新しいと思います。
ぺヤングと同様、日本で話題になっていた異物混入といえばマクドナルドの緑色のチキンマックナゲットから始まるさまざまな異物混入の発覚。

時期は2014年~2015年にかけて。このときは次から次へと異物混入が報告され、連日ニュースを賑わしていました。また責任者であるサラ・カサノバ氏の会見も話題になりました。

そしてマクドナルドといえばアメリカ。日本だけでなくアメリカでも異物混入の事故はあるのでしょうか?

その衝撃のこたえは……

じつは外国では……

もちろん外国でもそれは起こります。
異物混入による事故が発生するのはとうぜん日本だけではありません。食品への異物混入は今やどの国もこぞってグローバルスタンダードを(不本意ながら)目指しています。

そんななか「訴訟大国」と呼ばれるアメリカでは「異物混入」にかんしてある一定の基準が設けられています。たとえば……


◎.ピーナッツバター(100gあたり)
→齧歯(げっし)動物の体毛1本までならOK

◎.トマト缶(1缶あたり)
→ミバエの卵5個とウジ1匹まで、ウジだけなら2匹までOK


これは「米食品医薬品局」がハッキリと定めているもので「食品に虫は混入するもの」という前提で、このような線引きをしているのだそうです。ここまでならば問題ありませんよという決まりがあるのですが、アメリカのアイスにはなんと……

アイスのなかに○○○

ナットがはいっていたそうです。
さすがにこれはアウトです。アメリカにその規定はありません。発生は2015年の5月。これは海外で話題になった異物混入の事故でした。やはり、どこでも食品を人が扱う以上、こういった混入事故は起こってしまうものなのかもしれません。

そして舞台はふたたび日本に戻ります。
最後は衝撃です。なんと……

きのこの山に○○○○○○

びっくりです。
わかりますか、この異物混入。
なんと、あの大人気商品「きのこの山」にこんなものがはいっていたのです。いまいちわかりづらいですよね。画像をよく見てください。なんと……

……たけのこの里!
頭だけだけど。きのこの山の天敵がはいっていたのです。

これが原因で「きのこVSたけのこ戦争」が始まったのかもしれませんね(なんちゃって)。これは、きのこの山ファンにとってもたけのこの里ファンにとっても、嬉しい誤算の異物混入です。しかも、きのこの山のビスケット部分にたけのこの里のチョコ部分がくっついているのです。

2015年4月にTwitterで話題になった異物混入事故ですが、これはアタリ気分でちょっとほっこりしちゃいますよね。

そして……

もし異物混入の商品にあたってしまった場合の対処法は?

このように今回、いろいろな異物混入を紹介しました。
ですが毎日なにかを食べている以上、この「異物混入事故」はけっして他人ごとではありません。

じっさい、ぼくも異物混入にあたったことが何度かあります。
お菓子のなかに○○や、カップスープのなかに○○のようなことが数回ありました。

こういうときの対処法についてのお話しです。

個人的な考えですが、ぼくもアメリカ食品医薬品局とおなじで「食べものには製造過程で異物が混入する可能性がある」と思っています。飲食で働いたことがある方ならば、この感覚が伝わるのではないでしょうか。

ですので、異物が混入した商品にあたった場合は、そのメーカーの「お客様相談センター」に連絡をとり事情を話すことにしています。べつに怒ったり、クレームをいれたりする必要はありません。

「先日、購入したお菓子に○○がはいっていたんですけど」

こんな感じでふつうのテンションで報告します。
すると、たいていの場合、混入した部分を着払いでメーカーに送り返すように指示をされます。そしてその後、メーカー側は混入していた異物をしっかりと第三者機関へ鑑定にだします。もちろん鑑定の結果は報告書類としてこちらに送ってくれます。

そのさいには代わりの品と異物混入の件にかんしての報告書などもついてきます。すごく丁寧な対応をしてくださいます。

その後はあとくされなく、綺麗に終わることがほとんどです。どちらもたがいを思いあっていればトラブルに発展することなど、ほとんどありません。

そんなわけで、もし異物混入にあたってしまった場合は、このような対応をすることをオススメします。あ、そうそう……

異物混入――話題――といえば。

もうひとつ。
アメリカでのちょっと変わった異物混入事件もありました。それは……

ウェンディーズのシェイクに○○○○

この異物混入は、あるカップルのもとで起こった人災です。
アメリカのファーミントンに住むReed Harrisさんという男性が、恋人であるKaitlin Whippleさんにプロポーズをしようと考えました。

そのときの結婚指輪をあげるサプライズのシチュエーションに頭を悩ませます。そして、彼は決断します。

自分&恋人をふくめ仲間や友人といっしょに「ウェンディーズでシェイクの一気飲み競争」を開催しよう、と。

彼の考えはこうです。


シェイクのなかに指輪を隠す

そして一気飲みして、最後にカップに指輪が残る

彼女が指輪を発見する

そこでビシッとプロポーズをする


全部、彼女をよろこばせたいがために考えたことです。しかし、その結果は……

ちーん。

飲んじゃいました。
Whippleさん、指輪ごとゴックンと。で、すぐに病院にいきレントゲンを撮ったら指輪が写ったということです。これも立派な異物混入。そして、その異物混入の結果は……

ごらんください。
このしあわせそうなふたりの笑顔。ふたりはぶじ、結婚しました。そして、この人災は彼女にとっての「思い出に残るプロポーズ」になったそうです。

そう考えてみると異物混入も悪いものばかりではありませんよね。
少なくとも、ぼくはそう思います。

まとめ

これが日本、そして世界の過去に起こり話題になった異物混入事件のお話しです。
異物混入ときくと、ひどく悪いことを企業がしたように思えてしまいますが、じつはそんなことはありません。

あれだけ話題になったぺヤング事件だって、報告者は騒ぎ立てるような悪意はまったくなく……というよりも以前からのぺヤングの大ファンの人で、ちょいちょいふつうのぺヤングの写真をアップされていたという話しです。

マクドナルドの追い打ちはネットなどを見ていると、マクドナルドの対応に憤りを感じていた人や、ワルノリという感じでやりすぎの人もいたようですが、それでも今では自体は収束しています。

ぼくの体験談ですが、異物混入は誰も声をあらげず、それぞれの事情に則って接しあうことで、まるくおさまることがたくさんあります。

好きで買ったものなのだから、たとえ異物がはいっていてもそのもの自体を嫌いになるなんてことは(ぼくの場合は)ありません。だって、好きなんだもん。

たしかに、トラウマになってしまったり、嫌な気分になってしまうこともあるかもしれません。ですが、どちらもたがいの事情を尊重しあっていけば、最後は笑顔になれるはずです。

甘くたっていいじゃないか。
誰もがキツキツで生きているこんなタイトな時代と世のなかだからこそ、それくらいのよゆうをもったほうが、ずっとやさしく、ずっと生きやすくなるはずです。たかだか異物混入、あたるのは嫌だけどあたったからといって目くじらを立てるものではない――そんなふうに思うのは、ぼくがこの世界の異物のような存在だからでしょうか?

心によゆうを。
誰にも愛を。
そして幸楽苑の店員さん、指、おだいじにしてください。

うのたろうでした。

この記事を書いたユーザー

うのたろう このユーザーの他の記事を見る

Spotlight公式ライター/プラチナユーザー。ライターしたり小説書いたりしています。ライターのお仕事は随時受け付け中です。サンプル文章はこちらにもあります。http://unotarou.com/
きてくれた、すべての人を、愛しています。
【twitter】@unotarou

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス