記事提供:Techinsight

出典 https://www.instagram.com

映画『君の名は。』でヒロイン・宮水三葉の声優を務めた上白石萌音が『ミュージックステーション』に初出演を果たした。タモリが共演者に同映画を観たか聞いたところ、その反応に彼女が「ありがとうございます!」と感激する場面もあった。

静かで落ち着いた感じではあるが、ひと言でタモリを大笑いさせる見事なトークセンスも披露してくれた。

10月14日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に登場した上白石萌音は5日発売のカバーアルバム『chouchou』から『なんでもないや』をテレビ初披露した。映画『君の名は。』の主題歌としてRADWIMPSが歌った楽曲のカバーになる。

歌唱前のひな壇トークでタモリが映画の大ヒットに触れたところ、彼女は初めて台本をもらった際に「まだセリフもラストも違ったんですけど、その段階でボロボロ泣いてしまって」と明かし

「それくらい大好きな作品なので、たくさんの方に見てもらえて本当に幸せです」と感謝した。

タモリが他のアーティストたちに「このなかで(『君の名は。』を)見た人はいますか?」と聞いたところ岡崎体育、miwa、星野源SEKAI NO OWARIのNakajin、Saori、Fukase、関ジャニ∞の安田章大、村上信五の8人が挙手した。

タモリが「おっ、意外と見てるね」と驚き「ありがとうございます!」と頭を下げる上白石。そこに関ジャニ∞の村上が「僕みたいなもんが見てすみません」と笑わせれば、

セカオワのFukaseは「凄くおもしろかったので、思わずRADWIMPSの野田くんに電話した」とアーティストならではのエピソードを披露した。

トークが盛り上がるなか、いよいよ楽曲を披露する上白石にタモリが「これから歌ってもらうけど、どうですか?」と心境を問うと彼女は「まずは、私も歌詞を忘れないように気をつけようと思います」と返した。

タモリが声を上げて笑うのは珍しく、そのギャップがよほど面白かったようだ。それでも彼女は冷静に「瀧と三葉の気持ちになって心を込めて歌います」とステージに向かうのだった。

実は上白石萌音の前に岡崎体育がステージを務めており、今回初披露した『Voice Of Heart』は歌の途中で“歌詞を忘れてしまう”という設定で“心の声”が「歌詞が全然でてこない、どうしよう!」と焦るという彼らしい作品だったのだ。

スタジオも爆笑となった岡崎体育のパフォーマンスを絶妙なタイミングでネタにした上白石萌音。なかなかの度胸とユーモアセンスの持ち主のようだ。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス