記事提供:TOCANA

教育には、時として思い切った改革も必要なようだ――。

逆転の発想!?「デスク・サイクル」とは

英紙「Daily Mail」(9月19日付)によると、アメリカのノースカロライナ州ローリーで数学教師をしているベサニー・ライベルト先生(28歳)は、日頃から担当するクラスの生徒たちに手を焼いていたという。

どのクラスにも授業中ソワソワしっぱなしの生徒が数人いて、勉強に集中できないのだ。当然、他の生徒たちにも影響が出る。よそ見をしたり隣の子を小突いたりはまだマシで、机をバンバン打ち鳴らす、勝手に歩き回るなど、教室内がカオス状態になることもあったと話す。

「身体が鈍ってしまい無気力になっているのかもしれないし、ADD(注意欠陥障害)やADHD(注意欠陥多動性障害)の子どもたちは、じっと集中することそのものが苦手ということもあります」(ライベルト先生)

頭を抱えていたライベルト先生だったが、ある日とんでもない秘策に打って出た。なんと、子どもたちを授業に集中させるため、自転車ペダルを教室の机に取り付けてしまおうと思い立ったのだ。名付けて「デスク・サイクル」。そのまんま、だ。

実は、ローリーのあるウェイク郡には『4C助成金』という制度があり、市民なら誰でも応募ができることになっている。

4つのC、つまりコラボレーション、コミュニティ、クリエイティブ、そしてクリティカル・シンキング(批判的思考法)に関するアイディアを提案し、要件が合えば補助金が交付されるというシステムだ。

「少し前に、ペダル付きデスクについての記事を読んだんですが、すでに導入している小学校もあるんです。それで、これなら私にもできるかもと、思い切って助成金に応募してみました」(ライベルト先生)

ライベルト先生のアイディアは採用され、この新型デスクは彼女の勤務するマーティン中学校で今年4月から導入された。もちろん、当初は「授業中に自転車こぎなんて、余計に集中力が散漫になるだけでは」と懐疑的な意見もあったそうだが、実際にフタを開けてみたら効果抜群!

デスク・サイクルのおかげで、子どもたちの成績はグングンうなぎのぼりだという。また、勉強する態度も真面目になり、時間も守るようになったそうだ。

生徒「授業に集中できるようになった」

「子どもたちは、このペダルこぎに大喜びです。親御さんたちからも我が子が楽しみながら勉強ができ、数学の授業を心待ちにしていると感謝されています。また、同僚も最初は物珍しそうにしているだけでしたが、最近は私の教室に関心を示して、いろいろ質問してきますよ」(ライベルト先生)

子どもたちは、もう隣同士でふざけたり、授業をサボって歩き回ることもしなくなった。代わりに、有り余るエネルギーバイクこぎで吐き出し、授業に集中しているという。

「世の中はどんどん変わっています。子どもたちを取り巻く環境も同じです。今の子どもたちには、こんな刺激が必要なんです」(ライベルト先生)

生徒の1人、ソフィア・フェドルさんは「デスク・サイクルのおかげで授業に集中できるようになった」と話し、クィン・スピア君は「約9キロ走った計算だから、今朝は133キロカロリー燃焼できた」とご満悦のようだ。

整然とした教室に、低く響き渡る自転車ペダルの音――ちょっとシュールな近未来的風景かもしれない。

参考:「Daily Mail」、「BBC

権利侵害申告はこちら