セブン-イレブンの「セブンプレミアム」シリーズに、つけ麺の有名店・六厘舎監修『つけめん 六厘舎』が登場しました。セブンのつけ麺というと冷凍タイプが人気ですが、こちらはチルドタイプで生麺を使用しているのが特徴です。

セブン-イレブン『つけめん 六厘舎』278円

おすすめ度 ★★★★☆

出典 http://mitok.info

『つけめん 六厘舎』の内容は生めんと加熱して使用するつけだれ、麺にかける焙煎七味のみ。シンプルな構成なので、好みに合わせて具を用意しておくのも良いでしょう。

出典 http://mitok.info

麺は袋から出し、熱湯で6分ほどゆでる必要があるので、コンロや鍋などの調理器具が必須。ゆで上がったら冷水で締めるか、温かいまま食べるかは好みで良いでしょう。

出典 http://mitok.info

つけだれの調理は、袋をそのまま電子レンジで加熱する形。うまく袋から蒸気が抜けるよう、袋のどちらを上にして加熱するのか書いてあるのでよく読んで指示に従って加熱を行うのがポイントです。こちらはお湯で割る必要はなく、加熱が終わってお椀に移せばそのまま使えるストレートタイプ。

出典 http://mitok.info

調理の終わった麺とつけだれを盛りつければ完成です。めんの量は150グラムでそれほど多くありません。

出典 http://mitok.info

ゆでたての麺は太めでしっかりとコシのある本格派。つけめんらしい歯ごたえと、小麦の香りを存分に楽しむことができます。

太麺にしっかり絡むつけだれは、削り節粉末の香りの効いたコクのあるしょうゆベースでスッキリサッパリとした味わい。ゆず皮や生姜も風味に爽やかさを加え、食欲をそそります。

別袋の焙煎七味は結構な辛さがあります。少量を麺に振りかけるだけでもしっかりと唐辛子のビリッとした刺激があるので、使用前にちょっとなめたりして試してから麺全体にふりかけるのがオススメ。しばらく食べていると、麺についた焙煎七味が混ざり、つけだれにも辛さが加わってくるので、辛いモノが苦手な人はご注意を。

麺をゆでたり食器をゆでたりといった手間はあるものの、麺とつけだれのどちらもしっかりした美味しさのセブンプレミアム『つけめん 六厘舎』は麺類・つけ麺好きならにはかなりオススメ。冷凍食品のようにレンジのみの調理という訳にはいきませんが、麺のゆで具合や冷水での締め具合などにもこだわってつけ麺を食べてみたいという人は試してみてはいかがでしょう。好みの具材を用意しておいて、お店で食べるような豪華なつけ麺を作ってみても楽しめます。

価格は278円(税込)。カロリーは513kcal。お惣菜や焼きそばなどの麺のあるチルドコーナーに並んで販売されています。

<参考リンク>
セブン-イレブン|つけめん六厘舎

この記事を書いたユーザー

mitok(ミトク)編集部 このユーザーの他の記事を見る

コンビニ・グルメ・ガジェットのおすすめ検証サイト「mitok(ミトク)」の公式アカウントです! http://mitok.info/

得意ジャンル
  • インターネット
  • ライフハック
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス