小腹が減ったときにパッと作れて美味しい袋ラーメン。一食数十円で購入でき、お湯で煮て麺と付属のスープ粉を入れるだけで数分で食べられるので、自宅に常備している人も多いのではないでしょうか。

袋ラーメンの味はしょうゆ、みそ、塩、とんこつなどさまざま。ですが、とんこつなど自宅で作るのも難しく、粉末スープでの再現も限界がある味は、コクが足りないと感じることもしばしば。でも、味を足そうとすると、しょっぱくなりすぎたり

今回は、袋ラーメン調理時に少し入れるだけでグッと味が本格的なテイストになる方法をご紹介します!

完成直前に、少量の牛乳を入れるだけでコクが大幅アップ!

塩分濃度をあげずにスープのコクを足す方法、それはスープに牛乳を少量入れること! これで、とんこつや味噌、しお味などの袋ラーメンが一気にまろやかにコク深くなります。

クリームシチューの素などフレーク状の素を使うときでも、ちゃんと牛乳を使ったほうが美味しいように、動物性の旨味をプラスしてスープにコクと深みを与えてくれますよ!

1 まずは、普通に袋ラーメンを作る

出典 http://mitok.info

まずは水を入れ、乾麺を投入してラーメンを作ります。水の量は、通常よりもコップ1/5(30cc・大さじ2杯程度)くらい少なめにすると味が薄まりません。

2 完成直前に火を止め、牛乳を大さじ2杯程度入れる

出典 http://mitok.info

そして完成直前に火を止め、コップ1/4(30cc・大さじ2杯程度)程度の牛乳を入れるだけでOK! 最初に牛乳を入れて沸騰させると、モコモコの泡がでたり、牛乳の味が全面に出がちなので、調理の最後にあまり火を入れないように少量足すのが良いようです。

牛乳インでインスタントとは思えない濃厚スープに早変わり!

出典 http://mitok.info

牛乳を少量いれただけで、これまでの薄めだったとんこつスープの色がグッと濃厚に見えるようになりました。

出典 http://mitok.info

こちらが、牛乳を入れずに普通に作った袋ラーメンとんこつ味。塩分のアタリが強かったスープがまろやかになり、スープの色も博多とんこつラーメンのように白濁感がアップ。とんこつっぽさが増した印象です!

ただ、あまり牛乳を入れすぎるとミルクポタージュのような香りと風味が入ってくるので、あくまで隠し味程度に押さえて入れると良いようですよ。

この袋ラーメンに牛乳をプラスする方法に合うスープは、シンプルなしょうゆ味などより、元々コクがウリのとんこつや味噌、ちゃんぽんなどがオススメ。しお味もすこし洋風のテイストが加わり意外なおいしさになります。

これからどんどん寒くなっていくこの季節、手軽に温まることのできる袋ラーメンの出番が増えていきそうですよね。そんなときは、味の深みとコクを簡単にちょい足しできる「袋ラーメン+牛乳」をぜひ試してみてください!

この記事を書いたユーザー

mitok(ミトク)編集部 このユーザーの他の記事を見る

コンビニ・グルメ・ガジェットのおすすめ検証サイト「mitok(ミトク)」の公式アカウントです! http://mitok.info/

得意ジャンル
  • インターネット
  • ライフハック
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス