記事提供:Conobie

子どもができても仕事を続ける気満々だった私。しかし、双子…現実的に想像してみると…

もともと仕事が嫌いではなかった私。子どもができても産休と育休をいただき、仕事は続ける気でいました。

妊娠がわかり、最初は双子という事実に、ただただ喜びしか感じてなかったのですが
現実的に考えると赤ちゃん2人。単純に考えるならば、普通の初産の人の2倍大変なのです。

残業になったら?子どもの1人がお熱を出したら?さらにもう1人がうつったら?考えれば考えるほど、初めての双子育児への不安は募ってしまいました。そんな中、なぜか社内には双子先輩ママさん多く、話を聞いてみました。

「私も1度は退職して、3歳まで見てからこの会社に戻ってきたんだよー」

「自分の子の小さいときってあっという間だったからね。かわいいよ」

そっか…1人の子育てだけでも大変なのに、私は2人もいるんだ。とりあえずまずは子育てに専念しよう!と腹を決め、退職することに。社長も快く、双子の子育てを応援してくれました。

産休と育休

私は事前に双子が分かっていたので、かなり前から産休はもらえるはずでしたが、会社を退職するのが名残惜しく、結局なにもなかったらこの日まで、と会社と話していた6週間前くらいまで無事勤務することができました。

多胎妊娠の場合、早くから事前入院になることが多いので、これには会社のみんなもビックリ!

そして、現在子どもが産まれてから1年ちょっと。まわりは産休育休が終わり、仕事に戻るママも増えてきました。

それこそ保育所に入れず、入所待ちのため育休を延ばした友人もいます。わが家の双子は、現在、歩きたい盛り。あっちへ行ったりこっちへ行ったり。この状態で双子を保育所に入れ、仕事と両立することを想像してみると…。

退職した今でも、同居しているお義母さんの手を借りてギリギリ、といったところなので、やっぱり双子育児を舐めないで、思い切って退職しておいてよかったと思っています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス