記事提供:ORICON STYLE

『ピーナッツ』『ボクたちの交換日記』に続き3本目の監督作となる『金メダル男』では、監督のみならず原作、脚本、主演の4役を務めた内村光良。

“自分にしか撮れない作品を観て映画館で笑ってもらいたい”という内村ワールド全開となった今作への想い、映画監督を目指したきっかけ、昨今の多くの芸人たちが映画を撮る現状についても聞いた。

すべて自分の責任で作った。逃げ場がどこにもない

――今作では原作、脚本、監督、主演と初の4役を努めていらっしゃいますが、かなりハードだったのは?

内村光良 そうですね、今回は楽しさと同じ分量の辛さを経験しました(笑)。原作がある場合は言い訳もできますけど、すべて自分で書いているので逃げ場がどこにもないですから。

映画が公開されたら、褒められるのも責められるのも全て自分の責任なので、それを覚悟で撮影に臨みました。そのうえ、コメディ作品なので僕の真価が問われるというプレッシャーもありましたね。

――2011年に上演された内村さんのひとり舞台『東京オリンピック生まれの男』がベースになっているんですよね。

内村光良 舞台では主人公の秋田泉一が0歳から大人になるまでを僕ひとりで演じましたが、映画ではHey! Say! JUMPの知念侑李くんが若い頃を演じてくれています。時代設定などより具体的に表現することができました。

木村多江との共演シーン。

監督として指示を出す内村光良。

――もともとは泉一が小学校のかけっこで一等賞をもらったことがきっかけで、あらゆる一等賞を目指す物語ですが、なぜ映画化しようと思ったのでしょうか?

内村光良 失敗したぶんだけ成功を掴むことができたり、努力したぶんだけそれに見合う報償なり報酬がもらえるんじゃないかと僕は思っていて。努力し続けること、やり続けることを描きたかったんです。

ただ、泉一は変わった人で、ひとつのことを極めるわけではありませんが(笑)。それでもいろいろな一等賞を獲るという1点はブレていないんです。その挑戦していく過程が好きなので、チャレンジしているときが一番活き活きしている。

そんなふうに挑戦し続けることの大切さを多くの方に感じ取ってもらえたらいいなと思って、映画化することにしました。

――チャレンジし続ける泉一はすごく魅力的でしたが、そのなかでも文化祭のシーンは一段と輝いて見えました。

内村光良 
泉一が表現部で“坂本龍馬”をやるシーンは、再び彼が輝く場面ですから、演出にもすごく力が入りました。知念くんが想像以上にすばらしいアクションと切れ味のあるダンスを舞ってくれたので、拍手喝采にふさわしいシーンになったと思います。

あと、衣装さんが聖子ちゃんカットのカツラを大勢いるエキストラの数分用意してくれたり(笑)、美術さんなどスタッフ全員一丸となって80年代の文化祭を再現してくれたおかげで良い撮影ができました。

アクションはやりたいけど体が追いつかなくなっている(笑)

――“泉一の自由さに憧れる。演じることで自分の殻を破りたい”とコメントされていましたが、殻は破れたのでしょうか?

内村光良 
破れたかはわかりませんが、とにかく感情が激しいシーンがたくさんあってしんどかったです。僕が演じる後半パートでは、無人島のシーンやアクションもありましたから、殻を破るというより嵐のように怒濤の撮影をこなしていったという感じでしたね(笑)。

――高い所から落ちるアクションも自らこなしていらっしゃいました。

内村光良 
もともとアクションは好きで、バラエティでも昔からやっていましたから。ただ、アクションに挑戦したい気持ちはあっても、年齢的なこともありどんどん体が追いつかなくなっています(笑)。

――普段から体は鍛えていらっしゃるんですか?

内村光良 
週1でトレーナーさんについてもらってトレーニングしています。今回は無人島で暮らすシーンがあったので、引き締まった体にするためのトレーニングをしました。2年半ぐらい前からそのつど演じる役に合わせてコントロールするようにしています。

――監督をやるうえで一番大事にされていることはなんですか?

内村光良 
先頭に立って旗を振って進んでいくのが監督の役割なので、迷わないように決断力を持つことですね。例えば現場で急な変更があった場合、監督がうじうじ悩んでいたら周りのスタッフが「大丈夫かな?」と不安に思ってしまいます。

今回の現場でも、例えば衣装の色のことなどその場で判断を求められることが多かったんです。なので、“迷わない!こっち!”と直感でハッキリ決めるようにしていました。

今までのテレビと舞台とは違う、映画の“笑い”への挑戦

――今回は監督3作目ですが、1作目のころとはだいぶ違いますか?

内村光良 
『ピーナッツ』のときは大いに悩みました。それこそ野球のユニフォームだったり帽子の色を白か黄色かで迷ったり。そういう経験を経て監督が迷ってはいけないと気づいたので、今回は即決しようって思うようになったんだと思います。

――もともと映画監督を志望していらした内村さんですが、いつ頃から映画を撮りたいと思うようになったのですか?

内村光良 
中1のころ、チャップリンの映画や『ロッキー』など衝撃を受けた作品がたくさんあって。そこから映画にハマっていって、次第に自分でも映画を撮りたくなって、映画監督になりたくて上京したんです。

当時はまさか自分がお笑い芸人になるなんてまったく思っていませんでした(笑)。

――映画よりお笑いのほうに方向転換していったのはなぜでしょうか?

内村光良 
僕はずっとテレビっ子だったので、欽ちゃんやドリフのようなお笑いも好きだったんです。そういう影響もあって、いろいろな出会いのなかでお笑いの世界に入っていったんですけど、その結果お笑いがとても好きになりました。

なかでもスタジオコントは本当に楽しくて、やみつきになるほど好きになりましたね。

――芸人として着実にキャリアを築き、念願の映画監督という夢も叶えたわけですね。

内村光良 
おかげさまで今は映画を撮れているので、幸せですしラッキーだなと思っています。テレビと舞台の笑いは今までたくさん学んできましたけど、今回は映画の笑いに挑戦することができました。

映画館で大勢のお客さんを笑わせるためには、“間”のとり方がテレビとは違ってくるんです。映画は、お金を払ったお客さんが劇場で集中して観るものですし、その人たちを笑わせなきゃいけない。

それに舞台のようにアドリブで対応できないので、そういった意味でも本当に苦労しました。ですが“映画の笑い”は今後も挑戦していきたいです。

僕も他の芸人もみんな次の作品を撮りたくなってしまう

――もっと映画の笑いを追求していくということでしょうか?

内村光良 
そうですね。映画館でお客さんが笑っているのを観るとうれしいですし、これからも撮れるチャンスがあったら映画の笑いを追求していきたいです。僕は基本的にのほほんとした映画が好きなので、お客さんにも気分よく劇場を出てもらいたいんですよね。

――今年は邦画の当たり年とも言われていますが、内村さんは最近の日本映画界に対してどんなことを思っていますか?

内村光良 
邦画に活気があるというのは良いことですし、僕の作品もその一角に入れたら嬉しいんですけどね。『シン・ゴジラ』はみんな口を開けて観ていましたが、そんなふうに映画の世界に没頭できて共有できるのが映画の魅力だと思います。

『金メダル男』を観てたくさんの人が笑ってくれたらそんな嬉しいことはないです。

――内村さんをはじめ松本人志さんや劇団ひとりさんなど、自分で脚本を書いて監督もされているお笑い芸人さんは多いですよね。

内村光良 
もともと人を笑わせたい、楽しませたいというのが芸人ですから、仕事のお話をいただくタイミングとか周囲の環境もありますけど、やりたいと思う芸人は多いんじゃないですかね。映画好きも多いですし。

前に劇団ひとりと話したときに「監督をやってみて、本当に楽しかった」と言っていましたが、映画が好きだからこそできるんですよね。辛いことも多いですし、自分でロケハンから撮影、編集まで全ての段階をこなすのは時間も労力もかかってとても大変なんですけど、すごく楽しい。

だから僕も他の芸人もみんな次の作品を撮りたくなってしまうんだと思います。

――次の作品の構想は考えていらっしゃいますか?

内村光良 
ずっと『金メダル男』にかかりっきりでしたから、公開後に次の題材を見つけたいと思っています。

舞台なのか映画なのかわかりませんが、断片的なネタとしては書き溜めていて、その点と点が線でうまくつながるようなストーリーを見つけたときが一番ワクワクします。ただ、まずはこの映画を成功させないと、僕が撮りたくても撮らせていただけるかわかりませんから(笑)。

(文:奥村百恵/撮り下ろし写真:片山よしお)

内村光良『金メダル男』インタビューフォトギャラリー

金メダル男

東京オリンピックの開催に日本中が沸いていた1964年。長野県塩尻市に秋田泉一という男の子が誕生する。小学生の運動会の徒競走で1等賞に輝いたことで彼は、その幸福感にとりつかれてしまう。

それをきっかけに、絵画や書道、火起こし、大声コンテスト、鱒のつかみ取りなど、ありとあらゆるジャンルで1等賞をゲットし、塩尻の金メダル男と呼ばれるようになる――。

監督・原作・脚本:内村光良
出演:内村光良 知念侑李 木村多江 ムロツヨシ 土屋太鳳
2016年10月22日(土)全国公開
(C)「金メダル男」製作委員会
【公式サイト】(外部サイト)

プロフィール

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス