度々起こる授乳問題。どうして赤ちゃんに必要な食事を与えている授乳が「問題視」されるのかという疑問の声もありますが、世間ではとにかく授乳するママへの批判が何かと絶えません。

今回もアメリカのミズーリ州に暮らす6児のママであるレベッカ・ワノジックさんが、自分の子供と友人の子供に一緒に授乳している写真をFacebookに投稿したところ、批判を浴びてしまいました。

レベッカさんの友人はレベッカさんにお願いしていた

Licensed by gettyimages ®

レベッカさんの友人は手術をしなければならず、その友人の子供はずっと母乳で育ってきていたために、ボトルのミルクを飲む習慣がなく試してみても嫌がったそう。そこで友人はレベッカさんに「自分の手術中、子供がお腹が空いているようだったらあなたの母乳をあげてくれないかしら」と依頼したというのです。

レベッカさんとその友人はきっと親しい間柄だったのでしょう。信頼のおける友人だったためにそうお願いしたのかも知れません。レベッカさんが友人の赤ちゃんを見た時には、空腹の様子で疲れてぐったりしていました。

そこで、レベッカさんは自分の子供と一緒にその子にも母乳を与えました。そしてその写真をFacebookに投稿しました。レベッカさんの意図は、あくまでも愛らしい赤ちゃん二人への神聖な授乳光景というものでした。

ところが多くのユーザは批判した

Licensed by gettyimages ®

レベッカさんの投稿を見たユーザーたちは「胸を覆いなさいよ!」「誰もあんたの胸なんて見たくないのよ」「ここはFacebookであって、Sexbookじゃない」「普通、他人の子に自分の母乳をあげる⁉HIVとかの感染症のことを考えないの⁉」というような批判の声を寄せました。

この批判を受けたレベッカさんは「私は子供に必要な食事を与えていただけであって、こんな風に反応する人たちが不自然でなりません」と返し、「子供への授乳が歪んだ視線で見られていることはショックです」とコメントしました。しかし、その批判を受けたレベッカさんの投稿はもちろん、アカウントもFacebook側に削除されてしまったのです。

「僕は妻を誇りに思う」

Licensed by gettyimages ®

既にこの投稿は削除されていますが、多くの批判を受けたレベッカさんをサポートする夫のアントニーさんは、批判したユーザーに「僕の妻は、子供に授乳するという素晴らしい行為をしていただけで、世の中の邪悪な人たちから一斉に批判をされてしまった。だから妻は、Facebookのアカウントさえも削除される羽目になってしまった。でも、僕は伝えたい。授乳は素晴らしいことだと。そして一生懸命子育てを頑張る妻を、僕は誇りに思う」とメッセージを綴りました。

Facebookのスポークスマンは…

Licensed by gettyimages ®

この一件に関して、Facebookのスポークスマンは「授乳の投稿写真は許可しています。それは弊社が授乳行為を親子の自然な行為であると認めているからです。また、母親という立場のユーザーが、授乳について他のユーザーと情報や経験をシェアすることは、とても大切だと理解しているからでもあります」と述べ、今回はミスによりレベッカさんのアカウントを削除してしまったことを説明しました。

「レベッカさんには深く謝罪し、アカウントは元通りにしました」というFacebook
側。「何百万件という苦情が毎日Facebookに寄せられるために、スタッフがミスで削除してしまった」ということですが、レベッカさんにしてみればかなりショックだったことでしょう。

授乳光景をFacebookやその他のSNSに投稿する人は少なくありません。ただその一方で「性的描写」という取り方をして批判する人もいるのは事実。授乳というのはあくまでも個人的な行為なために「なぜそれをわざわざ投稿するのか」という疑問の声もあります。

人それぞれの授乳への考え方、受け止め方が異なるために、社会での授乳問題は後を絶ちません。今後もレベッカさんのように批判を受ける人も出てくることでしょう。でも社会には授乳行為は素晴らしいと理解している人もいます。授乳に関しては常に賛否両論あれど、懸命に子育てしている「お母さん」はみんな素敵だと筆者は思っています。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス