記事提供:ガジェット通信

オフィス引っ越しました!GYAO! ー 株式会社GYAOさん

毎日通うオフィス。仕事の為に使う場所だから、机と椅子さえあればいい?……否! 素敵なオフィスであれば、楽しく仕事出来てスタッフ同士のコミュニケーションもばっちり。家族・友人にも自慢出来ちゃうってもんです。

「ガジェット通信」では、そんな素敵オフィスを訪問し、うらやましい注目ポイント、“うらやまポイント”をご紹介。全部はムリでも真似出来ちゃうアイデアも盛りだくさんです。

『GYAO!』さんのオフィスってどんな感じ?

動画配信サービス『GYAO!』の運営など、映像に関する様々な事業を運営している株式会社GYAOさん。ヤフーグループとして、9月末に「東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井タワー」(赤プリの跡地)に移転したばかり。

仕事のキモ!デスクはどんな感じ?

一部をのぞき、完全フリーアドレス(固定席無し)となっているGYAOオフィス。座席がジグザグに設置されていて、スタッフ同士のコミュニケーションがとりやすく。

これは、ヤフー株式会社が昨年9月から10月にかけて行った調査で、「フロア内の動線をジグザグにすることで、従来の配置に比べコミュニケーション量が2倍に増えた」という結果が明らかになり、本格的に導入されたそうです。

こんな大きなヘビの様にうねった変わりデスクも!

デスクの間にはパーテーションを兼ねた本棚が設置されており、スタッフがリクエストした本が承認されればこちらに並べられます。技術書・デザイン関連が目立ちますが、中には映画に関する本や落語の本なんかもありました。

気分転換したい時は?

あ~同じ体勢疲れた、ちょっと仕事が煮詰まった~!なんて時は、デスクのすぐそば、窓際に配置されている「芝生ゾーン」でリフレッシュ。

靴を脱いで人口芝の感触を楽しみながら、ゴロンとしたり、やわらかソファで仕事をする事が出来ます。ハンモックやバランスボールなどの気分転換グッズも盛りだくさんです。

ガジェット通信発行人・ふかみんもハンモックに乗らせてもらいました。くつろげる~。

筆者もやわらかソファでだら~ん。景色もひらけていて、開放感がすごいです。

映画鑑賞やゲームなど自由にエンタメを体験できるスペースも。エンタメを紹介するならエンタメを知らねば!ですな。

ドリンク・お菓子関係はどう?

仕事をしながら飲んだり、休憩中にパクっとつまむお菓子は仕事においても重要なポイント。GYAOオフィスには「GYAO!カフェ」というスペースがあって、コーヒー等のドリンクは全て無料

憧れのドリンクバーまであるのだ!最新の雑誌や新聞も置かれていて、休憩しながら情報収集も。

こちらは有料ですが、自販機のドリンクやお菓子も安めの価格で販売しています。

「オフィスグリコ」のアイスも冷凍庫にギッシリ。これなら小腹がすいて仕事に集中出来ない……なんて心配もナシです(食いしん坊)。

社食やランチの販売はあるの?

ヤフージャパンオフィスに作られた、広々とした社員食堂。GYAOスタッフももちろん使う事が出来ます。11階の社員食堂「BASE」では、低カロリーで栄養バランスの整ったメニューが提供され、ビュッフェスペースも。

支払いは社員証からの給与天引きも可能で、交通系ICカードも使えるのでキャッシュレスで便利。

こんなオシャレな空間で毎日ランチが食べられるなんて!夜はお酒を飲みながらのイベントなども出来るそうです。

GYAO!さんオフィス、行ってみてどうだった?

写真撮影が出来ずお見せ出来ないのが残念ですが、GYAOオフィスには、動画配信サービス『GYAO!』に登場したアーティストや、特集を行ったアニメのキャスト陣のサインポスターがズラリ。見てるだけで楽しくなっちゃいました。

ドリンクが自由に飲めるカフェコーナーや、芝生のくつろぎゾーン、本のリクエスト可能など、スタッフが働きやすい工夫がたくさんあった、こちらのオフィス。皆さんが真似したいポイントはありましたか?

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス