ご存知の方も多いかと思うが、先日恵比寿リキッドルームにてindigo la Endとゲスの極み乙女。のツーマンライブが行われた。

このライブは川谷絵音がボーカルを務める2つのバンドが初めて共演することで早くから話題となり、チケットは即日ソールドアウト。
ファンクラブ会員限定で行われた先行でも落選する方が続出したという。

このライブでは、ゲスの極み乙女。がindigo la Endの「悲しくなる前に」を、indigo la Endはゲスの極み乙女。の「キラーボール」をそれぞれカバーし、ファンにはたまらないプレミアムなものとなった。

だがこのライブは両バンドの活動自粛発表後初のライブ。
そのため、報道陣が殺到し翌日に「2018年に復帰示唆」、「反省の色なし」と報じられるなど悪い意味でも話題になってしまった。

現在、連日のようにマスコミは川谷絵音のネガティブキャンペーンを展開し、連日のように著名人は絵音を火あぶりの刑に処するかのごとく批判を行っているがそれは世間からの目線であって、ファン目線の報道はほとんど行われていない。

そこで実際にライブに参加し、indigo la Endのファンクラブ会員である私の目線から当日の状況をここに書き記す。

開場前(17:30分頃)

この時間、私は渋谷から会場の恵比寿リキッドルームへ徒歩で向かっていた。
本来なら自宅から会場へ向かうはずが、急用ができ渋谷へ寄らざるを得なくなったからである。

会場のリキッドルームはこれまで何度も訪れたことがあり、忘れらんねえよやBRADIO、phatmans after schoolといったバンドが熱いライブを繰り広げてきた。
なのでこの日も熱いライブを期待していた。

しかし、会場に到着すると何かがおかしい。
入口には5人のカメラマン。
普段、ライブハウス入口にカメラマンは集まらないし、indigo la Endのライブでも見たことはない。

ただまだ開場前ということもあり、私は夕食を食べに行くべくリキッドルームを後にした。

出典 http://ord.yahoo.co.jp

若手アーティストの登竜門であるリキッドルーム。
この日は明らかに雰囲気が異なった・・・。

開場後(18:25分頃)

夕食を済まし、開場時間を過ぎた18時25分頃。
私は先ほどの違和感を感じながらも意気揚々とリキッドルームに向かっていた。

だがリキッドルームに到着するとその違和感は確信に変わる。
マスコミだ。

今年春にゲスの極み乙女。がツアーを回っていたとき同様、またもマスコミが会場に押し寄せてきたのである。

「ライブの内容を撮影させてください」と頼む不届きものはいなかったが、「終演後にマスコミがまた失言を拾いに来るんだろうな」と神経を尖らせながら会場に入らざるを得なかった。

一方、肝心のライブは素晴らしく幸福な時間だった。

「解散」報道も絵音が完全否定し、indigo la Endのギター長田カーティスが「僕は君の音楽に惚れている。僕は君に一生付いていくよ」と電話で伝えたことを明かすなど不安要素を完全に一掃し、ファンを安堵させた。

終演後(22:20分頃)

が、そんな余韻は一瞬でかき消された。

終演後、終電が近づいていることもありお客さんは一斉に出口へ。
私も自宅がそこまで近くないということもあり、急いで出口に向かったのだが会場を出るとそこで待っていたのは報道陣だった。

新たな餌を求めて、お客さんに近づく報道陣の姿はハイエナそのものだった。

報道陣に嫌気が差した私はすぐに会場を後にしたが、それはどうやら私だけではなく多くのお客さんも迷惑に感じていた。

この日、サンプルを配りにリキッドルームを訪れたバンドマンの方も同じことを考えていたようで、「マスコミは何が何でも絵音を潰したいのか!!」とイライラを隠せず私は恵比寿を後にした。

ライブの翌日

この翌日、案の定マスコミは右も左も絵音を総叩きだった。

「2018年に復帰示唆」と事実無根のガセネタを出産する新聞社、「反省の様子なし」と真実をでっち上げる、「お前は黒だろ」と全否定する著名人とやはり絵音叩きにマスコミは全力を尽くしてた。

どうやらマスコミ、いや世間は絵音を抹殺したいようである。

確かに、絵音は大きな過ちを犯した。
その罪の大きさは、私をはじめとするindigo la Endやゲスの極み乙女。のファンでも到底庇うことはできない。

しかし事実を捻じ曲げるマスコミにその資格はあるのだろうか
解散報道も嘘、ゲスの極み乙女。のドラムほな・いこかと絵音が恋仲である報道も出鱈目。
マスコミこそ真のゲスではないだろうか。

絵音の「マスコミは俺たちを解体したいのかな」発言はスルーし、ファンの声も無視。
彼らの音楽をまともに聞きもせず糾弾ばかり繰り返すメディアに批判する資格などあるわけがない。

事実を改ざんするな、マスコミ。
真実はライブの目撃者のみぞ知る。

この記事を書いたユーザー

softman このユーザーの他の記事を見る

音楽ブログ「musicfreedom -keep on,keep on-」を運営しています
ブログでは音楽ネタを中心に執筆しています
アニメ、野球、漫画などにも興味があります

得意ジャンル
  • 音楽
  • スポーツ
  • ゲーム
  • カルチャー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス